ファンと結婚した芸能人

2017年には、大人気アイドルグループの一員が、ファンとの結婚を発表して大きな話題になりましたが、基本的に芸能人はどのような相手と恋愛をしているのかというと、「同業者(芸能人)」「有名人」「一般人」の三種類しか選択肢はありません。

一般人の場合、仕事場の同僚や取引先の社員、友人関係などの中からパートナーを選ぶことになるわけですが、これは有名人だとしても基本的には同じです。昔から交流がある友人(幼馴染)やその友人(知人)と結ばれることもありますが、特に多いのは「職場恋愛」の末にゴールインする構図です。人生の多くの時間を職場で過ごすことになる以上、その環境でパートナーを選別することになるのは必然と言えるでしょう。

これは何も一般人に限定される状況ではありません。程度の違いはあるにしても、より長い時間仕事場で生活する有名人の場合は、そこにいる人とゴールインすることになる可能性が高いと言っても良いでしょう。ただ、有名人の職場には「同業者」「有名人」「一般人」の三種類が混在しているため、結果的にそのどれに該当する相手とゴールインすることになるのかは分かりません。

ただ、有名人の恋愛は一般人のそれとはまったく違います。一般人ならば本人が気にしない限りは周囲からの目を気にする必要は一切ありませんが、有名人の場合はそうはいきません。自身が引き起こした物事の影響が自分だけで済まず、一緒に仕事をしている人にまで影響を与えてしまうことも考慮する必要があります。一般社会人でも会社に影響を与える行為は大きな問題になりますが、有名人の場合の影響とは性質が違います。

俳優やモデルなどに関しては自由恋愛が許可されている場合が多いですが、アイドルに類する存在の場合は「恋愛禁止」という条件で仕事をしている場合もあります。ただ、これはあくまでも「そういう体」でしかない場合も多くあるので、空想や虚像としてしか認識されていない場合も少なくありません。

自分のファンと結婚をするという行為は、言ってみれば「仕事関係の相手とゴールインする」という状況と同じようなものです。ただ、有名人の場合は「ファンに手を出した」として揶揄されることも多くあるように、ある種の「暗黙の了解」として不文律的に確立されているルールです。そのため、仮にファンと結婚をする場合だとしても、「相手は一般人」などという風に紹介(報道)されることになります。

芸能人は手が届かないからこそ輝いて見えるのかも

周りを見ても、芸能人のように素敵な人はいないし、自分は恋愛環境に恵まれていないと感じる人も多いでしょう。せっかく好きな人を見つけたくても、このような環境では好きになることはできないと思っている人もいます。
芸能人のように、背が高くて、整った顔立ちの人に憧れるという人は多いです。テレビで見る姿に憧れてしまうこともあります。疑似恋愛のように、ファンになっているという人もいます。周りの環境も良くないし、恋愛したくてもできないと諦める必要はありません。
もしかしたら、芸能人が手が届かないところにいるからこそ、輝いて見えるのかもしれません。身近にいる人というのは、意外と良さが分からなくて恋愛に発展しないものです。身近にいるからこそ、いつも側にいるのが当たり前と考えてしまい、細かいところが気になってしまうということもあります。
例えば、職場の同僚など、毎日同じ生活にいると、それほどかっこよくもないし、憧れる対象ではないと思い込んでいるという場合が多いです。ヒゲの剃り残しであったり、しゃべり方であったり、近くにいるからこそ気づいてしまうポイントを、課題にマイナス評価していることがあります。
けれども、その身近な人というのは、実は職場であなたを支えてくれている人かもしれません。同じ環境にいるからこそ、分かり合える点というのもあるでしょう。手が届かない芸能人ではなく、手が届き過ぎてしまう身近な人というのは、実際よりもマイナスに評価してしまいがちです。
芸能人のような輝いている人がいないから恋愛できないと考えていたら、それは間違いかもしれません。今ある環境の中で、周りをもう一度よく見渡してみましょう。もし、それでも恋愛感情がわかないようであれば、自分の世界を広げるといいでしょう。習い事など、あたらしいことにチャレンジするというのは、大人になると苦手に感じるものです。今の安心できるコミュニティの中にいたいという気持ちが強くなるからです。
けれども、あえて安心できる場所から飛び出すことで、あたらしい環境の中に入ることができます。毎月の習い事が難しければ、一度だけ体験してみるという方法もあります。また、資格試験の学校へ行ってみたりと思っている以上に自分の幅を広げることは簡単にできます。意外なところでは、同窓会なども、今まで見えなかったいいところを発見できるチャンスになります。年齢と共に考え方も変わっていくので、思い込みで人を判断しないことも大切です。

好きな芸能人の写真を飾って自分磨き!

恋愛に成功する秘訣は自分を磨くことで、誰が見ても魅力的だと思わせられれば成功です。最も言葉では簡単ですが、実行するのはとても難しく、ダイエットでさえ挫折してしまう人に取っては難題というしかありません。ただ己を磨いてくのは外見だけではなく、内面にも関わってきて、自分に自信を持つことができれば物事をポジティブに受け取ることができます。落ち込みやすい、自分に自信が持てない、そういった人は積極的に自分磨きを行っていくと、恋愛だけではなく物事がスムーズに上手くいくようになるはずです。
ただ口で言っても成功するわけではなく、頑張ろうと思っても挫折してしまう場合はあります。ポイントは自分を鼓舞する方法で、おすすめは好きな芸能人の写真を飾って眺めることです。これは同性と異性のどちらでもよく、憧れを持っている相手を見つめることで頑張りをもらえるようになります。憧れの人に少しでも近付きたい、隣に並んで恥ずかしくないスタイルになりたい、そういった気持ちが挫折を阻止して、モチベーションアップに繋がっていきます。そして理想とするプロポーションの芸能人がいるなら、全身写真を飾っておくのも参考ややる気の維持になるのでおすすめです。
人間はマイナスの気持ちよりもプラスの気持ちで行う方が成功しやすく、恋愛というのは考え方によってはとても大きな力になります。自分磨きというのは基本的には終わりがないもので、それだけにモチベーションの維持が重要なポイントです。そのために自分を鼓舞するためのアイテムが必要となってきて、好きな人、芸能人の写真というのは意外と効果があるのでおすすめになります。そして恋愛モードに入るのも有効で、自分のためだけに頑張るよりも好きな人のためにと思って行うと、さらにやる気が出てくる場合があるので試してください。現実に好きな人がいるならその人を考えて、芸能人やアニメのキャラクターなどでも良く、疑似恋愛モードでも役立ってくれます。
恋愛に勝利するためにはまずは自分が自分を好きになること、これが大切です。そのためには自信を持つ、納得できる自分になっていくことが求められて、努力も必要になってきます。自分磨きは簡単に行えるものではありませんが、やった分だけ確かな効果が出てくるのも事実で、成果が分かりやすいです。モチベーションを維持するために好きな芸能人の写真を飾るなど、工夫を凝らすの成功するポイントになります。

好きすぎて辛い…芸能人に本気で恋をした時の対処法

いつの時代でも老若男女問わず、恋愛する気持ちは非常に大切です。しかしその相手が身近な人ではなく、芸能人に本気で恋愛してしまうという人も中にはいるでしょう。芸能人に恋愛をするということは、心に余裕がある証拠でもあり、心休まらなければ見守ることもできないでしょう。恋愛している今、毎日が楽しければよい、本人や事務所、そして自分の周りに迷惑がかかっていなければ、特に抜け出そうとしなくてもよいという肯定的な考えを持つ人も多く見られます。しかし現実的なことを考えた方がいいという考えの人もいます。
このような意見を知ったとしても、それでもやはり芸能人に本気で恋愛をしている気持ちに変わりはないでしょう。しかしその気持ちが大きくなりすぎて、好きすぎてつらくなってしまうということも考えられます。このような時の対処法としては、一つ目に好きな芸能人のSNSをフォローしてみましょう。誰かを好きになった時には、それが一般人であれ、その人がどのような人なのかを知りたいと考えるのは当たり前のことと言えます。一般人であれば、自分で友人に聞いてみたり、自分からアタックしたりと、自分から何かしらの行動をとることで探ることができるでしょう。しかし芸能人の場合、どのような人なのかを知ることはなかなか難しいものです。そこでSNSを上手に活用してみましょう。現在では一般人でなくても、フェイスブックやツイッター、インスタグラムといったSNSを自分で更新する人が非常に増えてきています。このSNSをぜひ活用してみましょう。
もしもドラマや映画の役をきっかけになって好きになってしまった場合には、その役とは全く正反対の性格でびっくりしたり、自分が思い描いていた理想とは全く異なる可能性もあります。もちろんSNSをフォローすることにより、もっと本気で恋をしてしまうこともあるでしょう。SNSをフォローすることによって、たとえ芸能人であっても、一人の人間なんだと感じることができるでしょう。
そして大切なことは、好きになったのであればとことん好きになってみましょう。だれにも恋をしない毎日よりも、誰かに恋している毎日の方がずっと楽しいものです。かなわない恋だから、本気で恋をすることはやめようという固定観念にとらわれることなく、自分が好きだという気持ちを大切にしましょう。たとえ一般人が相手でも、だれが相手でも、誰かに恋をすることはとても素敵なことです。今は自分の素直な気持ちを大切にするようにしましょう。

芸能人に恋をしてしまう女性の心理

心理において、「恋愛」したがる女性は、常に自分と正反対の人や憧れの人を引き寄せようとします。人の中にアニマ(魂・男性の中の女性像・理想)と「アニムス(原型・女性の中の男性像・理想)」がありますが、女の人は恋に落ちると「アニムス」に左右されます。少し難しい話ですが、これを知ってほしいと思います。人は自分の中にある劣等感がとても気になりますが、同性や嫌いな相手が自分の持っていないものを持っていると、嫉妬しますから注意です。けれども異性だと話が変わりますが、異性が自分の持っていないものを抱えていると、「恋愛」したくなるのがかなり不思議です。

芸能人に惹かれる女の人がいますが、これはかなりの確率でアニムスに左右されていると感じます。私の周りにも芸能人に熱中して「キャー!」や「待って~!」とか言う人がいるので参っていますが、理想が投げかけられているから、本人も止めようがないでしょう。それだけアニムスや異性が抱えている自分の劣等感に惹かれているようです。恋愛は中毒性があって、熱中すると止められなくなるのが特徴だと考えます。「誰でも恋したい」と思うのは無理ないです。

芸能人は個性的な人が多くて、魅力ある人が多いと感じられます。変な人もいますが、それも個性で変わった様子に惹かれてしまう方もいらっしゃるでしょう。きっとその人もアニムスに左右されている可能性が高めです。ちなみに女性は男性的な魅力を感じる時、劣等感を含めて、ルックスの良い人に興味を持ちがちです。筋肉質や髭といった男性性に魅力を感じるのではなくて、美形で清潔感がある、無駄な脂肪や筋肉が付いていない人が好まれやすいと思います。色んな人がいますが、割合的にそれらの特徴に興味を持つのはビックリでした。

恋愛は人に迷惑をかけなければ何でもありだと考えます。不倫はマズイですが、お互いに承諾しあって、他人に良くない影響さえ与えなければ、遠距離もありでしょう。主観になりますが、芸能人を追いかける近所の姉さんも見方を変えると、純粋に見えます。

余談ですが、感情的な女性は理屈っぽい男性に惹かれます。実は私は理屈っぽい人で感情的になることが少ないです。社交的で感情のコントロールが上手い、女の人のターゲットになったことがありますが、今考えるとアニムスに左右されて、私に接近してきたのか、と判断できます。たいしたルックスでもないのに、「こんな男のどこがよいのか?」とその時は悩みましたが、芸能人に惹かれる心理と似通っていたと理解出来ました。

芸能人の恋愛事情が気になる人の傾向

恋愛は人の行動理念の中で上位に位置していて、自分だけではなく、他人事を気になってしまう人も多いです。特に芸能人の恋愛事情が気になる人は多く、それゆえ週刊誌やワイドショーといったものがあると言ってもおかしくはありません。興味を持つ人がいる、需要があるから供給が行われると考えていいはずです。
ただここで気を付けたいのは芸能人の恋愛を気にする人にはある傾向が備わっていることが多く、自分に当て嵌まる場合、注意した方がいいかもしれません。ライトな野次馬感覚、話題作りの一環で興味を持っているくらいなら問題ありませんが、気になってしょうがない、日常生活を送るのに障害が出ている、そういった時は要注意です。
他人の恋愛に興味を持つ人の中には時としてその相手と一体化してしまうケースがあり、だからこそ他人を気にして、感情移入してしまう時があります。相手が完全に自分と無関係な芸能人、プライベートも仕事の一環である時は興味を持っても特に問題ないですが、これが周囲の人間にトレースすると危険な兆候です。理想や憧れを持って近付こうとするのは前向きと言えますが、相手と自分を混合するのはストレスになりますし、意に添わない行動をした時に怒りや不快感を得るようになります。こうなるとマイナスの方が大きくなるので、気を付けなければいけません。
他人の恋愛事情が気になる人の傾向として、現状の自分に満足していない場合が多いです。恋愛だけに限らず、生活全般で不満を抱えている、だからこそ自分以外の他人になりたいという願望を抱いてしまいます。それゆえ他人が気になってしまう、そういった思考に陥るケースが多いです。
ちょっと興味を持つ程度ならいいですが、過剰だと自覚する、誰かに言われた時には改めるようにした方が後のために良いかもしれません。ワイドショーを見る時間を減らす、雑誌を買わないようにする、そういった風に少しずつ遠ざかっていくとストレスにならずに済みます。そして自分自身の生活を充実させることが大切で、恋愛に興味を持っていて今の自分がフリーなら、好きな相手を作ってみるのもいいです。恋をすれば世の中の見え方が変わってきますので、チャレンジしてください。
自分は恋なんかできない、そんな風に卑下することはなく、まっすぐに突き進んでいくことが大切です。成功はすれば嬉しいですし、失敗しても人生経験になるので、他人ではなく自分自身の人生を豊かにすることが重要になります。

LINEでしてくる男ってどう?

喧嘩をしたときに仲直りの謝罪をLINEで送るというのは今の時代では珍しいものではないのですが、彼女の性格を考えて送らなければ更に喧嘩をしてしまうということがあるので注意しなければなりません。

男性からすれば直接女性に謝りづらいということでLINEを使って謝ったり、あるいは直接謝る前にワンクッション置くつもりで文章にして謝るという理由があって送ってくることがありますが、彼女に意図が伝わらなければ意味がありません。

恋愛関係というのは強固な結びつきのように見えて、ちょっとしたきっかけで破局を迎えてしまうこともありますから、喧嘩をしたときにはよく考えて謝ることが大切です。
まず、直接言葉にして謝らないことに対して彼女はどのように受け取るのかということを最初に考える必要があり、言葉に出すよりも文章で一度謝ったほうが良いと判断した上で送るのであれば問題はありません。

直接相手に謝ろうとした場合、更に口論となってしまって状態が悪くなるということはよくありますから、一度文章で謝った後に直接あって謝った方が上手く行きやすいのでこのようなやり方はトラブルを回避する上では悪いものではありません。
ただし、彼女が直接口に出して謝罪をしないのは男らしくないと判断をするようなタイプだと逆効果ですから、相手のことを理解した上で実行すると良いでしょう。

単純に直接口に出して伝えるのが苦手でLINEに頼ってしまうという男性もいるものですが、このようなタイプは女性からすると甲斐性がないように感じられて恋愛の熱も冷めてしまいかねないタイプとなります。
特に彼女が男らしさを求めるタイプだった場合、直接あって謝らないことに幻滅をしてその時点で終わってしまうということもあるので気をつける必要があります。
ただでさえ喧嘩をしている状態で神経質になっているわけですから、刺激をするような謝り方をすると逆効果になってしまうので、やはり恋愛関係を維持していきたいのであれば直接あって口に出して悪かったと伝えたほうが確実だといえます。

本格的に謝罪をするためのきっかけとしてLINEからはいるというのは方法論として悪くありませんが、それで謝罪はおしまいとなってしまうと、女性からしてあまりいい印象を持たないものです。
恋愛関係は信頼によって成り立つわけですから、文章だけで済ませるといった信頼を損ねる行為はすべきではありません。
LINEは取っ掛かりとしては便利ですが、頼り切るものではないということを頭に入れておくことが大切です。

女の子はやりがち…?喧嘩中に無視をするのは危険!

喧嘩するほど仲がいいと昔から言われていますが、これは一種の心理を突いている言葉です。喧嘩をするということは本音をぶつけ合うことができる関係だということでもあります。普段我慢していたことなどを喧嘩をして相手にぶつけることによって、より相手を理解していくことにもつながりますし、無意識に感じていたストレスを発散することもできます。逆に仲良しカップルで喧嘩を一度もしたことがないというほうが、もしかしたら危険かもしれません。相手に何の不満もないから、ぶつかることもないといった理由なのかもしれませんが、相手のことを思いやるあまりに無意識のうちにいろいろと我慢している可能性があるからです。こういったカップルはある日突然破局して別れてしまうということもありますので、恋愛関係を円滑に続けるためにも時には本音でぶつかり合うことも大切なのです。
しかし喧嘩のやり方によっては、恋愛関係を悪化させてしまう危険なケースもあるので注意したほうがよいでしょう。
それはどんな状態なのかというと、無視をするということです。相手のことがやることが気に入らなかったり、例えば約束を守ってもらえなかったり、ほんの些細な出来事でも話したくないと思う時は誰でもあると思います。けれども虫をするということは相手との関係を一方的に打ち切ってしまっている状態だともいえます。
最初のうちは無視をしていると相手のほうから折れてくれて話しかけてくれたり、機嫌を取ってくれたりするかもしれません。ですがその状態が普通になってしまって、常に喧嘩をすると無視をし始めて、相手から歩み寄っているのを待つのが当たり前になってしまうと、恋愛中はとても危険な状態かもしれません。
恋愛関係を続けたいと思っているから、無視をされたときには気持ちを抑えて歩み寄ってくれているわけですが、実はこれは無意識のうちに一方的な関係になっている恐れがあるのです。
どういうことかというと、無視をするほうが立場が上という関係にいつの間にかなってしまっているわけです。そうなると恋愛関係もおかしなことになってしまう可能性がありますし、常に自分から折れて歩み寄っていると我慢を強いられることになってストレスも溜まってしまいます。
そしてストレスが限界に達した時には恋愛感情がなくなってしまって、別れるという結論に達してしまう可能性があるのです。
たまにならかわいいといってもらえるかもしれませんが、毎回やっていると気持ちを冷ましてしまうかもしれないので気を付けましょう。

喧嘩中その場しのぎの謝罪は逆効果!まずは原因の理解に努めよう

恋愛をしているときには良いことばかりではなく、喧嘩をしてしまうこともあります。
どれだけ仲が良くても他人ですから、衝突してしまうということは決してないわけではありません。
喧嘩をしてしまった時に気をつけておきたいことは、とりあえずその場を収めようとその場しのぎの謝罪をするというものです。
謝るというのは決して悪いことではありませんし、悪いことがあればそれを素直に謝ることによって円滑な人間関係を構築することができるのですが、日本人はとかくその場しのぎの謝罪をしてしまいがちな悪いところがあります。

つまり、謝ったのだからこれでおしまいという意味で謝ることが多いのですが、恋愛ではそれは逆効果になってしまいます。
何かの利害関係にある相手であれば、非を認めたことで一件落着となりますが、恋愛ではそれで済む問題ではありません。
形だけ謝ったとしても原因をはっきりさせていなかったり、それを直すつもりがないのであればその後の恋愛関係に大きな悪影響を及ぼすことになってしまいます。

恋愛は利害関係でつながっているわけではなく、感情でつながっているわけですから形ばかりの謝罪をして相手の心に響かなければ意味がありません。
それどころか上辺だけの謝罪は火に油を注ぐ事になってしまうので、安易に謝って場を収束させようと考えるのは禁物です。
謝る前には互いに何が悪かったのかじっくりと話し合ってから、どうすれば悪い部分を直すことができるのかという建設的な話をするところから始めることが重要です。
その上で原因がはっきりして責任の所在が明らかになった上で悪かったと謝るのであれば相手にも誠意が伝わりますが、そのような部分をすっ飛ばしていきなり謝ったのであれば真摯に問題を考えているのではなく、その場しのぎとしか受け取られませんから注意しなければなりません。

日本ではとりあえず謝っておけば場を収束させることができるということが多いので安易に謝ってしまいがちですが、恋仲と喧嘩をしてしまった時にその場しのぎの謝罪は危険なのでよく覚えておきましょう。
親密な仲だからこそ単に謝れば許してもらうことができるわけではないということもあるだけに、とりあえず謝って場を収めようという安直な考えは危険です。
意識していないとつい相手を逆上させてしまいかねないことですから、喧嘩をしたときには感情的にならずじっくり話し合った上で何が悪かったのかを明確にするところから始めることが大切です。

喧嘩中の相手に言われると別れを決意したくなる暴言集

恋愛している時に喧嘩がつきもので困ってしまいます。激しい争いなら「暴言」が連発で来ますから、注意です。極限まで行くと最後は別れですから、悪口は避けたいところですがそうもいきません。コレを言われたら別れたくなる暴言をピックアップします。相手に言われるまでに至らないでください。また、絶対に相手に言わないでください。

第一位は「死ね」です。これはストレートで痛い、簡単に使えて威力がある言葉です。コレを相手から言われたら完璧に切れますが、言い方にもポイントがあります。冗談で柔らかく「死ね~!」なら分かりますが、思いっきり毒を吐くような言葉で言われたら終わりのカウントダウンが始まります。恋愛中に喧嘩したらその言葉は気をつけてください。間違いなく相手をいらない、と言っているのと同じです。敵と見なしたらそこからは喧嘩や別れが出てきます。

続いて第二位は「あの人と付き合えば良かった」です。コレもキツイですが、それは別にも好きな人がいたと言うことになります。その時点で「は?なにそれ?」です。他にも候補がいて未練あったんだ、と思うとかなりムカつきます。しかも「あの人と付き合えば良かった」を言われたら瞬間に「今のお前が嫌だ、他と付き合いたい」と言っているのと同じです。

第三位は「お前ブサイクなんだよ!」です。これは聞いた瞬間からそう思っていたんだ?とすぐに分かってしまうのがポイントになります。恋愛している時にアクシデントは覚悟していたのですが、それは完璧に言われたらキレます。恋人は怒ると本性を出して本音を言ってきますから、面白いですよ~。その時に観察日記を付けようと思いました。

3つをピックアップしましたが、他にもたくさんあります。人のコンプレックスを突き刺してくる言葉も嫌です。例えば、顔のところに一つだけニキビ跡があって、気にしている状態で「みかん」や「クレーター魔」とかふざけたセリフを決めてきた時は冷めます。他には「使えないんだよ!」や「消えろ」がありますが、どれも稚拙で困ったセリフです。

恋愛中に喧嘩はありますが、言って良いこととNGワードは区別したいと感じます。暴言は悪口ではハイレベルな威力をもちます。本人は言いたいことを言っても、聞いている本人はかなりキツイです。そこまで言われる、言う前にその場から離れて、一週間ぐらいは合わないのも一つのやり方だと思いました。喧嘩は暴言にまでつなげてしまいますから、注意してください。