芸能人の恋愛事情が気になる人の傾向

恋愛は人の行動理念の中で上位に位置していて、自分だけではなく、他人事を気になってしまう人も多いです。特に芸能人の恋愛事情が気になる人は多く、それゆえ週刊誌やワイドショーといったものがあると言ってもおかしくはありません。興味を持つ人がいる、需要があるから供給が行われると考えていいはずです。
ただここで気を付けたいのは芸能人の恋愛を気にする人にはある傾向が備わっていることが多く、自分に当て嵌まる場合、注意した方がいいかもしれません。ライトな野次馬感覚、話題作りの一環で興味を持っているくらいなら問題ありませんが、気になってしょうがない、日常生活を送るのに障害が出ている、そういった時は要注意です。
他人の恋愛に興味を持つ人の中には時としてその相手と一体化してしまうケースがあり、だからこそ他人を気にして、感情移入してしまう時があります。相手が完全に自分と無関係な芸能人、プライベートも仕事の一環である時は興味を持っても特に問題ないですが、これが周囲の人間にトレースすると危険な兆候です。理想や憧れを持って近付こうとするのは前向きと言えますが、相手と自分を混合するのはストレスになりますし、意に添わない行動をした時に怒りや不快感を得るようになります。こうなるとマイナスの方が大きくなるので、気を付けなければいけません。
他人の恋愛事情が気になる人の傾向として、現状の自分に満足していない場合が多いです。恋愛だけに限らず、生活全般で不満を抱えている、だからこそ自分以外の他人になりたいという願望を抱いてしまいます。それゆえ他人が気になってしまう、そういった思考に陥るケースが多いです。
ちょっと興味を持つ程度ならいいですが、過剰だと自覚する、誰かに言われた時には改めるようにした方が後のために良いかもしれません。ワイドショーを見る時間を減らす、雑誌を買わないようにする、そういった風に少しずつ遠ざかっていくとストレスにならずに済みます。そして自分自身の生活を充実させることが大切で、恋愛に興味を持っていて今の自分がフリーなら、好きな相手を作ってみるのもいいです。恋をすれば世の中の見え方が変わってきますので、チャレンジしてください。
自分は恋なんかできない、そんな風に卑下することはなく、まっすぐに突き進んでいくことが大切です。成功はすれば嬉しいですし、失敗しても人生経験になるので、他人ではなく自分自身の人生を豊かにすることが重要になります。

LINEでしてくる男ってどう?

喧嘩をしたときに仲直りの謝罪をLINEで送るというのは今の時代では珍しいものではないのですが、彼女の性格を考えて送らなければ更に喧嘩をしてしまうということがあるので注意しなければなりません。

男性からすれば直接女性に謝りづらいということでLINEを使って謝ったり、あるいは直接謝る前にワンクッション置くつもりで文章にして謝るという理由があって送ってくることがありますが、彼女に意図が伝わらなければ意味がありません。

恋愛関係というのは強固な結びつきのように見えて、ちょっとしたきっかけで破局を迎えてしまうこともありますから、喧嘩をしたときにはよく考えて謝ることが大切です。
まず、直接言葉にして謝らないことに対して彼女はどのように受け取るのかということを最初に考える必要があり、言葉に出すよりも文章で一度謝ったほうが良いと判断した上で送るのであれば問題はありません。

直接相手に謝ろうとした場合、更に口論となってしまって状態が悪くなるということはよくありますから、一度文章で謝った後に直接あって謝った方が上手く行きやすいのでこのようなやり方はトラブルを回避する上では悪いものではありません。
ただし、彼女が直接口に出して謝罪をしないのは男らしくないと判断をするようなタイプだと逆効果ですから、相手のことを理解した上で実行すると良いでしょう。

単純に直接口に出して伝えるのが苦手でLINEに頼ってしまうという男性もいるものですが、このようなタイプは女性からすると甲斐性がないように感じられて恋愛の熱も冷めてしまいかねないタイプとなります。
特に彼女が男らしさを求めるタイプだった場合、直接あって謝らないことに幻滅をしてその時点で終わってしまうということもあるので気をつける必要があります。
ただでさえ喧嘩をしている状態で神経質になっているわけですから、刺激をするような謝り方をすると逆効果になってしまうので、やはり恋愛関係を維持していきたいのであれば直接あって口に出して悪かったと伝えたほうが確実だといえます。

本格的に謝罪をするためのきっかけとしてLINEからはいるというのは方法論として悪くありませんが、それで謝罪はおしまいとなってしまうと、女性からしてあまりいい印象を持たないものです。
恋愛関係は信頼によって成り立つわけですから、文章だけで済ませるといった信頼を損ねる行為はすべきではありません。
LINEは取っ掛かりとしては便利ですが、頼り切るものではないということを頭に入れておくことが大切です。

女の子はやりがち…?喧嘩中に無視をするのは危険!

喧嘩するほど仲がいいと昔から言われていますが、これは一種の心理を突いている言葉です。喧嘩をするということは本音をぶつけ合うことができる関係だということでもあります。普段我慢していたことなどを喧嘩をして相手にぶつけることによって、より相手を理解していくことにもつながりますし、無意識に感じていたストレスを発散することもできます。逆に仲良しカップルで喧嘩を一度もしたことがないというほうが、もしかしたら危険かもしれません。相手に何の不満もないから、ぶつかることもないといった理由なのかもしれませんが、相手のことを思いやるあまりに無意識のうちにいろいろと我慢している可能性があるからです。こういったカップルはある日突然破局して別れてしまうということもありますので、恋愛関係を円滑に続けるためにも時には本音でぶつかり合うことも大切なのです。
しかし喧嘩のやり方によっては、恋愛関係を悪化させてしまう危険なケースもあるので注意したほうがよいでしょう。
それはどんな状態なのかというと、無視をするということです。相手のことがやることが気に入らなかったり、例えば約束を守ってもらえなかったり、ほんの些細な出来事でも話したくないと思う時は誰でもあると思います。けれども虫をするということは相手との関係を一方的に打ち切ってしまっている状態だともいえます。
最初のうちは無視をしていると相手のほうから折れてくれて話しかけてくれたり、機嫌を取ってくれたりするかもしれません。ですがその状態が普通になってしまって、常に喧嘩をすると無視をし始めて、相手から歩み寄っているのを待つのが当たり前になってしまうと、恋愛中はとても危険な状態かもしれません。
恋愛関係を続けたいと思っているから、無視をされたときには気持ちを抑えて歩み寄ってくれているわけですが、実はこれは無意識のうちに一方的な関係になっている恐れがあるのです。
どういうことかというと、無視をするほうが立場が上という関係にいつの間にかなってしまっているわけです。そうなると恋愛関係もおかしなことになってしまう可能性がありますし、常に自分から折れて歩み寄っていると我慢を強いられることになってストレスも溜まってしまいます。
そしてストレスが限界に達した時には恋愛感情がなくなってしまって、別れるという結論に達してしまう可能性があるのです。
たまにならかわいいといってもらえるかもしれませんが、毎回やっていると気持ちを冷ましてしまうかもしれないので気を付けましょう。

喧嘩中その場しのぎの謝罪は逆効果!まずは原因の理解に努めよう

恋愛をしているときには良いことばかりではなく、喧嘩をしてしまうこともあります。
どれだけ仲が良くても他人ですから、衝突してしまうということは決してないわけではありません。
喧嘩をしてしまった時に気をつけておきたいことは、とりあえずその場を収めようとその場しのぎの謝罪をするというものです。
謝るというのは決して悪いことではありませんし、悪いことがあればそれを素直に謝ることによって円滑な人間関係を構築することができるのですが、日本人はとかくその場しのぎの謝罪をしてしまいがちな悪いところがあります。

つまり、謝ったのだからこれでおしまいという意味で謝ることが多いのですが、恋愛ではそれは逆効果になってしまいます。
何かの利害関係にある相手であれば、非を認めたことで一件落着となりますが、恋愛ではそれで済む問題ではありません。
形だけ謝ったとしても原因をはっきりさせていなかったり、それを直すつもりがないのであればその後の恋愛関係に大きな悪影響を及ぼすことになってしまいます。

恋愛は利害関係でつながっているわけではなく、感情でつながっているわけですから形ばかりの謝罪をして相手の心に響かなければ意味がありません。
それどころか上辺だけの謝罪は火に油を注ぐ事になってしまうので、安易に謝って場を収束させようと考えるのは禁物です。
謝る前には互いに何が悪かったのかじっくりと話し合ってから、どうすれば悪い部分を直すことができるのかという建設的な話をするところから始めることが重要です。
その上で原因がはっきりして責任の所在が明らかになった上で悪かったと謝るのであれば相手にも誠意が伝わりますが、そのような部分をすっ飛ばしていきなり謝ったのであれば真摯に問題を考えているのではなく、その場しのぎとしか受け取られませんから注意しなければなりません。

日本ではとりあえず謝っておけば場を収束させることができるということが多いので安易に謝ってしまいがちですが、恋仲と喧嘩をしてしまった時にその場しのぎの謝罪は危険なのでよく覚えておきましょう。
親密な仲だからこそ単に謝れば許してもらうことができるわけではないということもあるだけに、とりあえず謝って場を収めようという安直な考えは危険です。
意識していないとつい相手を逆上させてしまいかねないことですから、喧嘩をしたときには感情的にならずじっくり話し合った上で何が悪かったのかを明確にするところから始めることが大切です。

喧嘩中の相手に言われると別れを決意したくなる暴言集

恋愛している時に喧嘩がつきもので困ってしまいます。激しい争いなら「暴言」が連発で来ますから、注意です。極限まで行くと最後は別れですから、悪口は避けたいところですがそうもいきません。コレを言われたら別れたくなる暴言をピックアップします。相手に言われるまでに至らないでください。また、絶対に相手に言わないでください。

第一位は「死ね」です。これはストレートで痛い、簡単に使えて威力がある言葉です。コレを相手から言われたら完璧に切れますが、言い方にもポイントがあります。冗談で柔らかく「死ね~!」なら分かりますが、思いっきり毒を吐くような言葉で言われたら終わりのカウントダウンが始まります。恋愛中に喧嘩したらその言葉は気をつけてください。間違いなく相手をいらない、と言っているのと同じです。敵と見なしたらそこからは喧嘩や別れが出てきます。

続いて第二位は「あの人と付き合えば良かった」です。コレもキツイですが、それは別にも好きな人がいたと言うことになります。その時点で「は?なにそれ?」です。他にも候補がいて未練あったんだ、と思うとかなりムカつきます。しかも「あの人と付き合えば良かった」を言われたら瞬間に「今のお前が嫌だ、他と付き合いたい」と言っているのと同じです。

第三位は「お前ブサイクなんだよ!」です。これは聞いた瞬間からそう思っていたんだ?とすぐに分かってしまうのがポイントになります。恋愛している時にアクシデントは覚悟していたのですが、それは完璧に言われたらキレます。恋人は怒ると本性を出して本音を言ってきますから、面白いですよ~。その時に観察日記を付けようと思いました。

3つをピックアップしましたが、他にもたくさんあります。人のコンプレックスを突き刺してくる言葉も嫌です。例えば、顔のところに一つだけニキビ跡があって、気にしている状態で「みかん」や「クレーター魔」とかふざけたセリフを決めてきた時は冷めます。他には「使えないんだよ!」や「消えろ」がありますが、どれも稚拙で困ったセリフです。

恋愛中に喧嘩はありますが、言って良いこととNGワードは区別したいと感じます。暴言は悪口ではハイレベルな威力をもちます。本人は言いたいことを言っても、聞いている本人はかなりキツイです。そこまで言われる、言う前にその場から離れて、一週間ぐらいは合わないのも一つのやり方だと思いました。喧嘩は暴言にまでつなげてしまいますから、注意してください。

“喧嘩するほど仲が良い”理論はホント?

恋愛中は特に相手を自分に引き付けておきたいという気持ちも強いので、ちょっとしたことでも喧嘩をしてしまうことがあると思います。昔から喧嘩をするほど仲が良いという言葉がありますが、本当にこの理論は正しいのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
恋愛は素敵なことですから、できれば喧嘩をしないで仲良く過ごしたいと思うのは当然です。ですが仲良く過ごすために相手に合わせすぎてしまったり、言いたいことを我慢してしまったりしていると、ある日突然すべての不満が爆発してそのまま破局してしまうということもあるのです。
喧嘩をすることができるということは、本音を相手にぶつけることができる関係だといえます。もちろん普段から本音をぶつけ合っている中の良いカップルもいると思いますが、恋愛中というのは相手に自分のことをよく見てもらいたいという心理が働きますから、本当の自分ではなくちょっと演技をしている良い自分を見せているという人もいるのではないでしょうか。
そういったちょっと本当の自分を隠して相手に接していると、やはりどこかに無理が来てしまうので楽しいはずの恋愛が苦しくなってしまったりする原因になります。
だからこそ本音を思いっきりさらけ出してぶつけることができる喧嘩をすることができるのは、お互いの気持ちの距離が近くなっている証拠であるともいえるのです。仲が良いからこそ本音をぶつけ合って、怒鳴りあったりすることができるので、喧嘩をするほど仲が良いという理論は、ある意味で正解といってもいいのではないでしょうか。
ただ注意しなければいけないのは、一方的にどちらかが起こっていて言いたいことを言いっぱなしという状況です。片方だけどんどん相手を責めるような関係はやはりどこかいびつなものがありますから、お互いがお互いに言いたいことを思いっきり言える環境をつくれることがいい恋愛をしている証拠かもしれません。
また一方敵に片方が言いたいことを言うのではなく、相手を無視するようになってしまうのも問題です。無視をするようになるとそこで話は終わってしまいます。無視をされたほうが折れて仲直りするということもあるかもしれませんが、その状況が続いてしまうとどうしても気持ちが離れていってしまいますので気を付けましょう。
恋愛で大切なのはたとえ意見がぶつかってしまったとしても、ちゃんと仲直りをしてお互いにお互いのことを考えてあげることが大切です。

喧嘩をするのは当たり前!大切なのは仲直りの方法

恋愛をすると、楽しいこともたくさんありますが、トラブルが起きることも少なくありません。例えば、恋愛をしている時に喧嘩をすることがあります。すべてのカップルが必ず喧嘩をするわけではありませんが、恋愛を経験した人の多くが、一度は好きな人との喧嘩を経験したことがあるのはないでしょうか。いくら、相手のことが好きであっても、また相手のことをわかっているようであっても、喧嘩をするときはあります。何十年も付き合っている夫婦でも喧嘩をすることがあることを考えると、わずか数カ月が数年程度しか付き合っていない男女に仲たがいが起るのは決して不思議ではないはずです。
ですが、仲たがいの状態をずっと続けていても、よいわけがありません。いつかは仲直りをし、また仲たがいをする前のように仲よくしたいものです。仲直りするためには、いくつか方法がありますので、その方法を説明していきます。
その方法とは、少し時間を置いてから仲直りをすることです。仲たがいをした時にはすぐに冷静になれる人であれば、相手に対して謝りたいと思う気持ちがあるかもしれません。ですが、相手が必ずしも冷静になっているとは限りません。その場合は、相手の怒りが収まるまで、あるいは感情の整理ができるまで時間をあけることが重要です。目安としては24時間ぐらいは時間を置きましょう。1週間も2週間も経過してしまうと、仲直りどころか、ますます距離が離れてしまう可能性があります。1か月も経過すると、自然消滅してしまう可能性もあります。あまり急ぐ必要はありませんが、頭が冷静になった24時間後を目安に相手と仲直りをしましょう。
ですが、恋愛をしている相手と争いになった場合は、必ずしも相手が話しに応じてくれるとは限りません。連絡を取っても、相手は返事を返してくれなかったり、電話にすら出ないこともあります。そのようなときは、もう少し時間をことも大事ですが、三日程度時間をおいて、それでもなお連絡が取れなければ共通の友人の間にはさむようにしましょう。相手も、当事者同士だから冷静になれなかったかもしれませんが、機会をうかがって謝ろうと思っているかもしれません。ですが、素直にできない人もいます。そこで第3者を間に入れることで、冷静な話し合いができる可能性も出てくるでしょう。
喧嘩をした後は、どのような会話をしたらいいか迷う人もいるでしょう。特に、会話は難しく考える必要はなく、今の気持ちを素直に伝えることです。

朝の喧嘩よりも夜の喧嘩の方が長引いてしまう理由

恋愛中の相手と喧嘩した時に、朝よりも「夜」の方が長引きます。その理由は脳がしっかりと記憶してしまうからです。眠る前などはかなりマズイですから、注意してほしいと考えます。夜は視界が狭くなる上に、人と関わるタイミングが少なくなるのが問題点です。ましてや部屋で一緒に恋人といると二人だけの世界に近いですから、記憶しやすくなります。特に恋愛中の相手だと感情移入が優先されたり、思いが強くなるため、余計に脳が記憶してしまいます。喧嘩するとお互いダメージを受けますが、メンタル的なストレスはけっこう頭の中に残りますから、注意してください。

逆に朝だと視野が広まる時間帯で、人と関わるタイミングが多くなります。言い方を変えると、恋愛中の相手と朝に喧嘩しても、夜には仲直りということがあります。夜の喧嘩と全く違います。しかも日光に当たっていると嫌な気分もなくなっていき、次に会う頃には「どうでもいいか」や「忘れようかな」になるチャンスが来るのはポイントです。けれども夜だとアンラッキーなことに繋がってしまいます。ましてや、眠る前に喧嘩すると眠りにくくなったり、寝不足で余計に根に持ちやすくなるのが厄介です。しかも喧嘩した直後は気を反らすタイミングがあまりないです。仮に眠れても次の日の朝に「あいつがむかつく」になりやすいですから、気をつけてください。

日光は人の気分を前向きにしやすくしますが、月光は人の気持ちを不安にさせたり、動揺させやすくします。メリットはありますが、満月の日に交通事故や犯罪の増加、争いが多くなるのは間違いないです。もしも恋愛中の相手と暗い時間帯に合うなら、満月の日は避けたいところとなります。月光は人を狂わせてしまう力があるのが問題です。三日月や半月くらいなら問題は少ないですが、満月は注意してほしいと思います。

日光はプラス、月光はマイナスと捕らえることもできます。あくまで目安ですが、光の量で変わったりします。真夏の日光は熱すぎてマイナスが増えますが、真夏の月光だと温度を上げないですから、プラスになったりするのもポイントです。何が言いたいかと言うと、人は意外にも自然や温度で感情が左右されやすい事です。争う原因も、暴言を出す時も、意外と他のストレスが溜まってトラブルになるときがありますから、知ってください。人は女性でも男性でも、感情的になりやすい生き物となります。争っても別れなければ再生する事もあるでしょう。

嫉妬深い人はストーカー気質なのかも…?

いろんな人と恋愛をしていると、中には異様に嫉妬深い恋人もいます。軽いヤキモチを妬くくらいならいいですが、中にはストーカー気質な人もいるので気をつけなければいけません。ここではどんな人がストーカー気質なのか詳しく説明するので参考にして恋愛をしてください。
ストーカー気質の特徴にあげられるのが、やはり異様に嫉妬深いことです。恋人の行動を知りたがりメールや電話で恋人の居場所を頻繁に確認したがります。メールの返信が遅れたり電話に出ないと、すぐに切れてしまい相手を叱ることが多いです。こういう相手は別れた後にストーカーになることが多いので、こういう相手とはできるだけ恋愛関係にならないように気をつけましょう。
見栄を張ったり嘘つきな人もストーカー気質なことが多いです。相手にいいように思われたいので付き合う前は見栄を張ったり嘘をついたりします。なので付き合う前はおしゃれなレストランで御馳走をしてくれたり、豪華なプレゼントをくれいかにも高収入があるように見せたりしていますが、付き合ってみると仕事もしていなくて借金だらけという場合もあります。こういう人は自分の見栄や嘘を指摘されると逆ギレしてしまいずっと根に持たれることもあります。恋愛関係になる前に相手の嘘や見栄を見破ることがとても大事です。
他にもなんでも知ったかぶりをする人はストーカー気質なので要注意です。こういう人は自分を良く見せたい願望が強いので、聞いてもいないのに知識をひけらかすことが多いです。その知識も専門的な知識ではなく誰でも知っているようなことばかりで、詳しい質問をすると答えられず逆ギレすることもあります。こういう人と恋愛をすると自分の自慢話ばかりされ、自分の気に入らないことがあるとすぐに怒ることも多いです。別れると嫉妬深くいつまでもネチネチ付きまとわれるので気をつけてください。
自分のミスをすぐに他人のせいにしたり、自分がうまくいかないのは社会のせいにしてしまう人も将来ストーカーになる可能性が高いです。なぜなら自分がフラれた原因は相手のせいで、自分が悪いとは絶対認めようとしないからです。なので自分を捨てた相手が許せなくなりやがてストーカーになるというわけです。
自分が褒められるとすごく機嫌がよくなりますが、自分以外の人が褒められるとすごく機嫌が悪くなる人も、将来ストーカーになる可能性があります。そういう人は自分大好きなので、自分以外の人が認められるのは許せないという人が多いです。恋人が自分以外の人をほめた時にめちゃめちゃ怒りだしたら要注意です。

嫉妬が恋愛を壊すことも…嫉妬中絶対にやってはいけない行動

嫉妬はかなりネガティブで強い感情ですから、気をつけてください。恋愛では特に嫉妬や憎しみ、恨みや強欲は関係を壊すため、最悪は別れる、になってしまいます。恋愛中に相手を「うらやましいな」と思ったら、絶対にやってはいけない行動は「悪口」や「悪い態度を出す」、「嫌がらせ」です。それら3つは攻撃ですから、相手を不愉快な気持ちにさせてしまいます。恋愛にタブーなのはネガティブな行動です。通常は恋をすると、アクシデントを除いては、お互いプラスにしていくように働きかけます。メンタル的なものでも、資産や人間関係でもメリットになるのが特徴です。

けれども嫉妬はそれらのプラスを壊すように働きかけてしまいます。妬むと相手を攻撃したくなり、傷はマイナスになるのが問題点です。初めはチクチクとメンタルにアタックしますが、行くところまで行くと肉体に攻撃してしまうのが悩みの種です。そこまで至らないように注意してほしいと思います。恋愛に攻撃や暴力はタブーです。

悪口も恐いです。人や恋人に嫉妬するとけなしたくなる癖が出てきます。相手をバカにしながら罵った言葉を使うと、そのままそっくり自分に返ってくるのもヤバいと思います。何でヤバいのかと言うと、誰かに言った悪口が自分にきた時にダメージが大きいからです。自覚している人なら「自分のやった事が返ってきた」と認められますから、反省につながる可能性はありです。けれども、自分が悪口を言った事に自覚がないと、「は?なんで?」とか「ふざけんなよ、お前!」になりがちです。嫉妬はかなりエゴが強いところがありますから、なるべく悪口は言わないでください。

しかし、悪口を言わないと心は病みます。悪口を言いたくなるのは、吐き出したいからです。嫉妬は苦しい感情で、毒を作ってしまいますから、気をつけてください。もしも堪えられなくなったら秘密厳守の相談機関を利用して、言いたいことを言えばかなり安全です。相談機関に勤めている相談員は、相談者から聞いた話を誰かに言ってはいけない決まりがありますから、安心できます。言えば自分に返ってきますから、言葉の使い方には気をつけてほしいです。 

悪口を友達や恋人に言ってはいけないです。キツイ言い方ですが、告げ口したり、裏切る可能性はあります。悪口はそれだけ威力があって、周りも自分も不幸にする行動です。口から吐き出された言葉が聞かされた人のメンタルはダメージを受けます。悪い言葉は悪い感情を生み出します。