嫉妬をする前に相手を信用しろ!

世の中には色んな人がいますが、一生に一度も恋愛なんてしなくていい、したくない、という人はほとんどいないのではないでしょうか。誰でも心から愛する事が出来る恋人が欲しいと願うのはごく自然な気持ちです。恋愛する事だけが人生の全てではありませんが、愛する人がいるだけで考え方が前向きになったり、自分を愛してくれる人がいると言うだけで自分に自信を持つことが出来たり、良い事が沢山あります。愛する恋人と一緒に過ごす時間は、それまでより更に豊かで楽しいものです。いつまでも恋人とお互いに愛し合って、楽しく過ごしたいと皆願います。そうなれば問題無いのですが、そうばかりもいかないのが恋愛の難しいところです。恋人とギクシャクし始めてしまう原因はそれぞれ色々あるでしょう。例えばどちらかが浮気したり、遠距離恋愛になってしまったり、ということはよく見聞きします。それ以外にもよくあることの一つとして挙げられるのは、あまりにも嫉妬心が強い恋人と付き合ってしまったということです。心の中に収めておける程度のものならばほとんど問題は無いでしょうが、問題はあまりにも嫉妬心をむき出しにして相手に接する事です。恋人が異性と話すだけで嫉妬したり、仮に仕事上必要な事であったとしても、異性と二人きりで行動することが許せないなど、そういう気持ちを表すと相手は嬉しいどころか困惑するでしょう。正直言って重い存在だと思われてしまうのがおちです。相手からすると、浮気するつもりなんか絶対に無いのに、それでもそんなに自分は信用できない存在なのか、という気持ちにもなってしまいます。恋人から信用されていないと一度感じてしまうと、少なからず失望します。その失望感を拭い去るのは容易ではありません。あまりにも嫉妬心が強すぎると大事な恋人を自分からみすみす手放してしまう事に繋がってしまいます。恋愛関係だけではなく、家族関係にしても友人関係にしても、良好な関係を保つためにはお互いの信頼が必要不可欠です。嫉妬してしまうのはそれだけ恋人を想うあまり、だということは分かりますが、やり過ぎは絶対に良くありません。相手も同じくらい自分を愛してくれているのだと信じましょう。相手も一人の人間としての生活もありますので、そのことも尊重しましょう。自分の思いだけで束縛するようなこともあってはいけません。人は信用して貰っていると感じると、その信用を裏切らないようにしようとするものです。恋愛をするといつも嫉妬心に苦しむ、と言う人はまずは恋人を信用するという気持ちを持ち続けるように努力しましょう。

人は人!自分は自分!恋人に嫉妬しない考え方

人生において素晴らしいと言えるような出会いはいくつもあるでしょうが、心から愛することが出来る相手と巡り合えたということは間違いなく素晴らしい出会いの一つです。世の中は人で溢れ返っていますが、その中でも誰でも良いという訳ではありませんし、恋愛関係に発展するとなるとお互いに好意を持っているということです。そうなるとその確率は天文学的とも言えるでしょう。奇跡のような確率で出会い、恋愛関係に発展したからにはいつまでも恋人と愛し合っていたいと皆が願います。そうして結婚する恋人同士もいれば、そうでない場合もあります。そうでない場合の方が多いかもしれません。恋愛が始まった当初はあんなに仲が良く愛し合っていたのに、いつの間にか二人の間に気まずい空気やギクシャクした空気が流れているという経験を持つ人は数多いでしょう。それには自然とそうなったという場合は稀で、何らかの原因があってそうなった場合がほとんどです。どちらかの浮気だったり、金銭感覚が合わなかったり、色んな理由がそれぞれにあります。恋人の嫉妬心が強すぎるという場合もそれに当てはまります。相手が異性と話したり、笑顔を見せるだけで嫉妬心をむき出しにしてしまうようなことがあれば、相手の気持ちが冷めていくのも時間の問題です。自分は相手を想うあまり嫉妬してしまうのだという思いがあるでしょうが、相手にしてみればそれは単なる過干渉だと取られることが多々あるからです。いくら恋人同士でも、その前に相手は一人の独立した人間だという考え方を持ちましょう。相手の社会的な生活もありますし、これまで築いてきた人間関係もあるでしょう。それを変え、壊そうとするような言動をする人を愛することが出来る訳がありません。愛する人の言動を自分の思う通りにしたいと考える事は大きな間違いです。一人の人間としてまずは尊重しなければならないのです。そしてまた自分も独立した一人の人間です。恋人に嫉妬する前に自分の生活をもっと充実させましょう。習い事に精をだすのも良いでしょうし、仕事をいままで以上に頑張るのも良いでしょう。お互いに独立した一人の人間として相手に接する事を心がける事で、良い恋愛関係が長続きします。いつも嫉妬心が強すぎて恋愛がうまくいかないという人は、自分と相手にはそれぞれ別の生活があり、それに踏み込み過ぎないようにするという考え方を持つと随分違ったものになるでしょう。

待っているだけじゃダメ!街コンでウケる自己アピール法

巷で流行りの「婚活」とは、要するに結婚を目指して候補者を探すことを意味しています。ただ、結婚を目指すということは、その前段階で候補者となり得た人と恋愛をする必要があるということです。恋愛をしてみて「大丈夫だ」と判断できた場合、徐々に結婚に向かって歩みを進めていくようなプロセスを経て初めて道が見えてくるものなので、「恋愛をしたくないけど結婚はしたい」などと思っている内は、良い結果に巡り合える可能性は低いと言えます。

そして、婚活よりも軽いノリで恋愛を見つけられる環境として注目されているものが「恋活」というものです。婚活が結婚相手を見つける前提で利用するものであるのに対し、恋活は恋を楽しめる相手を見つけることを目指して利用するものです。つまり、婚活に比べてフランクなものなので、比較的気軽にできる点が魅力です。

恋活の代表格といえば「街コン」があります。街コンとは、要するに合コンを大々的に開催しているイベントであり、希望者は会費を支払うことで自由に参加することができます。開催中は、地域の飲食店が飲み放題で利用できたり、格安料金で飲食が可能になるなど、単なる遊びとしても楽しめる企画です。

婚活パーティーの場合、参加者の人数は決まっています。定員がある中で増減する参加者が一堂に会し、全員とプロフィールの交換をしたうえでトークタイムに以降して気に入った相手を探すというのが基本的な流れですが、街コンの場合は少々カオスな状態になる可能性もあります。

ある程度参加者人数を限定している場合もありますが、基本的には「希望すれば誰でも参加できる」ので、数百人規模で参加者が集まる可能性もあります。となると、参加者全員とトークをすることは基本的に不可能となってしまうため、限られたチャンスの中から積極的に結果を求めて行動することが求められます。気に入った異性に対して声を掛け、限られた時間の中で自己アピールを印象に残してもらうためには、相応のテクニックが必要です。

男女を問わず、「自身の魅力を相手に伝えきる」ことがポイントになるのは言わずもがなです。ただ、自分の魅力をアピールするだけでは「自己顕示欲が強い人」「自己中心的」だと感じられてしまう可能性もあるので、適度に抑える必要があります。言葉で表現するには難しい下限になってしまうものの、「もう一度会いたい」「もう少し知りたい」と思ってもらえるように話題を構成すると良いでしょう。

街コン=恋人探しではありません。街コンはあくまでもきっかけ作り

恋愛のために街コンに参加をしてみようと意気込んでいる人も少なくないことでしょうが、街コンはあくまでもきっかけ作りにしか過ぎず恋人を探す場所ではないということを肝に銘じておきましょう。
多くの人が参加をするパーティーだけに恋愛につながる出会いが見つかりやすいのは間違いありませんが、参加をしている人がすべて恋愛目的で参加をしているわけではありません。

恋人探しのために参加をしている人もたくさんいますが、友達作りやパーティーを楽しむ目的で参加をしているという人も数多くいますから、恋人探しのために参加をしてみるとあてが外れてしまったということになりやすいので注意しなければなりません。

きっかけ作りだと考えておけば街コンというのは恋愛関係を持つことができる相手を探すのに非常に優れた場所となっていて、多くの出会いがある分だけ良い人に巡り合うことができる可能性は少なくないものです。
ガツガツして恋人を見つけなければと思うと、いい出会いがなかった時にはがっかりしてしまいます。
きっかけ作りという気持ちで参加をすれば余裕を持ってパーティーを楽しむことができ、ひいてはそれがいい出会いにつながることになります。

恋人探しの場所にすることもできますが、恋人探しのために開かれているパーティーではありませんから、そこで出会った人と将来的に恋愛関係になれればいいぐらいの気持ちで楽しむのがベストです。
その場で恋愛関係になることができればそれが一番ですが、焦りすぎると上手くいくものも上手く行かなくなってしまいますから出会いのチャンスを増やしつついい人がいたら恋人になってくれればいいかなぐらいの気持ちで参加をしてみましょう。

ゆとりを持って構えていれば参加者と自然にコミュニケーションをはかることができますし、自然体で接することができればより良い印象を与えることができます。
自然と仲良くなることができればそこから恋愛関係に発展をする人もでてきて、恋人ができるということもあるので気負いすぎずリラックスをして楽しむということがポイントになります。

恋人を探すために積極性を持つことは大事ですから、気合を入れるのは悪くありませんが街コンが恋人探しをしている人たちの集まりだと思ってしまうと空回りしてしまうことがあるのでそこだけ気をつける必要があります。
この点をおさえて相手探しをすれば、街コンは素敵な恋人を見つけることができる場所になります。

街コンは同性と気さくに話している人がモテる

恋愛の相手を探す目的で街コンに参加した場合、異性とばかり会話するかもしれません。
確かに時間は限られているので、恋愛対象にない相手と話すよりも、異性と会話をし少しでも可能性を広げたいと考えるのは分かります。
しかし、街コンで異性からモテる人は、同性とも気さくに話している人です。
同性を蔑ろにして異性都ばかり話している姿は、他の参加者から意外と見られています。
異性には丁寧に対応し話も盛り上がるのに、同じ性別の人から話しかけられたときに態度が違うと、ハッキリって印象は最悪です。
性別で区別し対応が分れる人から話しかけられても、相手は気持ち良く話を聞いてくれません。
たとえその場で会話が盛り上がっても、次に繋げるのは難しくなります。
逆に分け隔てなく話している人は、異性からは恋愛相手として魅力的に映ります。
そんな相手から話しかけられたら、素直に盛り上がることができますし、次に繋げやすいです。
付き合っても自分を大切にしてくれると思うと同時に、周りの人も大切にする人だという印象を残せます。
また、街コンに参加する全ての人は、恋愛を目的としているわけではありません。
単純に交友関係を広げるために、同性とも積極的にコミュニケーションをとる人もいます。
恋愛目的で参加していない人と会話しても、無駄と思うかもしれません。
しかし、同性とも仲良くして交友関係を広げておけば、そこから恋愛相手が見つかる可能性もゼロではありません。
人間の交友関係は、思い掛けないところで繋がっています。
今は時間の無駄だと感じることも、後々恋愛に役立ったり、仕事でお世話になったりすることはあります。
また、街コンは参加者が少なければ少ないほど、参加者一人一人の行動はよく見えるものです。
自分では無意識にやっていることでも、周りには悪い印象を与えてしまい、チャンスを潰しているはあります。
街コンに恋愛目的で参加しているときは、気になる異性にばかり目がいきがちです。
そのため、自分本位になってしまい、話しかけてきた相手の気持ち、周りから見える自分の印象も疎かにしがちです。
ですが、街コンでモテる人の特徴には、周囲に気を配り全ての参加者に分け隔てなく対応しています。
参加して恋愛相手を見つけたいときには、異性ばかりに話している人になるのではなく、同性にも声をかけるようにしてみましょう。
そうすると周りの印象も良くなり、異性から話しかけられる人になれます。

街コンではとにかく連絡先の交換に徹しよう!

街コンで恋愛のチャンスを手に入れようと考える人は多いものですが、参加者が多すぎて結局誰もつかまらなかったということはよくあることです。
人数が多ければそれだけチャンスが広がるというのは間違ってはいませんが、多すぎると逆に収拾がつかなくなって1人の相手とじっくりとコミュニケーションをとることができずに終わってしまったとなりがちです。
人がいなければ出会いのチャンスは生まれませんが、多すぎれば1人の人間の存在感が薄くなってしまうだけに、恋愛に発展する出会いにつなげるというのは容易なものではありません。

街コンはチャンスが多い一方でライバルも多いものですから、相当に上手く立ち回らなければなかなかいい出会に発展しにくいものなのです。
そこで、街コンで恋愛に発展する出会いを見つけるためのはとにかく連絡先を交換することがポイントになります。

どれだけその場で盛り上がったとしても次がなければ意味がありませんから、次に繋げやすいように直ぐに連絡を取ることができるようにしておくことで恋愛につなげることができます。
あったその日から恋愛関係に発展するのは簡単なものではありませんが、次のチャンスがあればいい感じに持っていくことは難しくはありません。
また、街コンのように多くの人がいる場所では二人きりのいい雰囲気に持っていくことは容易ではありませんが、日を改めて二人きりになることができるチャンスを作ることができれば、恋愛関係に発展をしやすいものです。

パーティー中には相手に強い印象を与えることができなかったとしても、連絡先を交換してやりとりをすることによって相手に興味をもたせることができ、そこから恋愛関係に持っていくということもできますから、とにかく次に繋がるきっかけを作っておくのが街コンの必勝法と言えます。

簡単に連絡先を教えてくれるものかと思うかもしれませんが、駄目ならどのみち次がなく恋愛に発展することがないので、可能性を広げるために早い段階から相手に連絡先をたずねてみるというのは悪いものではありません。
街コンという場の雰囲気も気軽に連絡先を交換しやすい物となっていますから、雰囲気も味方につけて相手に尋ねてみるのが良いでしょう。
出会った多くの人にいつでも連絡をすることができる状況を作り出せばその中から1人ぐらいは恋愛に発展する人がでてきてもおかしくないので、パーティーの最中に良い人を見つけようとするよりも次に繋がるチャンスを作っておくのがベストです。

芸能人に出会えるスポットといえば?

【芸能人に出会えるスポットと言えば?】
これはとても当たり前のことなのですが、コンサートなどやライブなどの会場、また舞台などであれば、恋愛の気持ちを持っている芸能人に会えることがあります。これは、事務所によって、時折、「一種のイベント」として実際に過去に行われたことがありますが、本物のアイドルやミュージシャンの方、つまりご本人が、わざとスタッフさんに変装をされて、チラシを配ったり、そのチラシにサイン入りで「ライブを楽しんでください」などのメッセージを紛れこませて渡す、といったことなどがあります。これは、とても驚くものですが、実際にテレビやCDなどの特典映像でおまけで付属されていたこともある「一種のファンサービス」であるため、ライブやコンサートなどはとても狙い目の場所です 。また、芸能人の場合で音楽活動を行っている方の場合には、これと似たタイプで、CDショップさんにも同じように「サイン入りのCD」などをわざと紛れ込ませるために、出入りしていることがあります。これは主に、関東方面になりますが、もし、関東方面にお住まいの方の場合には、こうしたCDショップさんなどもチェックしてみると良いです。
【オシャレな街もチェックです】
例えば、多くの事務所が立ち並ぶ「表参道」などや「代官山」などの場所については、多くの方が出入りしている場所として有名です。これは、やはり芸能事務所があるため、という理由の他にも、撮影などで髪の毛をカットしてもらう際に、こうした表参道や代官山などのサロンが利用されることがあり、そうした関係からこのようなお洒落な街には、よく歩いている、と言った情報が出てきます。
【ロケなどの募集をしていたら要チェック】
これは、とても倍率が高い方法になりますが、ロケ地などが近くにある場合には、ぜひ、応募をしてみましょう。恋愛対象の芸能人に出会いたいと考える方々はとても多いので、このようなロケの募集があった際には、あっという間に枠が埋まってしまうことが多々ありますが、それでも、公式で募集しているものであるので、安心して応募などが出来ます。また、運が良ければ、ロケに協力をしてくれたお礼として、芸能事務所によっては恋愛対象の憧れのトップスターの方から、ロケ現場で撮影に協力してくれた方々に、お礼のメッセージなどがもらえることがあります。ただ、絶対にご法度として行ってはいけないとされているものが、このようなロケ情報の場所に、恋愛の気持ちが強くあるのに、落選してしまったから、といって押しかける行為です。これは、近隣の方にマナー迷惑となるだけではなく、「不法侵入」といった犯罪になることもありますので、タブーです。また、こうした追っかけ行為が最も嫌いである、という芸能人も多いので、そちらの点は十分に注意してください。

アイドルファンから特別な存在になる方法とは?

「アイドル」が好きだという人は非常に多いのですが、そもそもアイドルは手の届かない存在だからこそ価値があるかのように認識することができていて、あくまでも理想像として好きや嫌いといった感情を持っているだけに過ぎない人が大半です。もっとも、これが本来の考え方であって非常に適切なものだと言えるのでしょうが、中にはアイドルに対して特別な感情を抱いている人もいます。

たとえば、「もしもチャンスがあれば恋愛相手になってみたい」「結婚したい」という感覚を抱く程度であればまだしも、本格的に「どうすれば恋愛をすることができるのか」と言うことを考え始めると、度を越したアイドルファンになってしまう可能性が出てきます。多くのファンはそういった考え方を否定しがちで、いわゆる「みんなのもの」という感覚を迎合する傾向があります。

しかし、現実に芸能人やアイドルと恋愛をしている人はいるわけです。同じ業界の人(芸能人)と恋愛をする傾向が強いのかというとそうではなく、アイドルの結婚相手が一般人であることは珍しくもなんともありません。むしろ、トップアイドルほど一般人と結婚をする傾向が強いような感覚さえ覚えるほどです。ということは、単なるアイドルファンだとしても特別な存在になれるチャンスはあるということになります。

もし、「いちアイドルファン」から特別な存在になりたいと思うのであれば、まずは「一般的に見て普通ではない存在」になることが最短ルートです。例えば、ベンチャーを起業して時代を席巻する功績を遺したり、大企業の社長となって非常に高い地位を得るなどがあります。しかし、ほとんどの人はこれを目指したところで実現することができないわけなので、「まったく別の方法」でアプローチすることも検討する必要があります。

実際にアイドルを経験したことがある人曰く、「アイドルはとんでもないプレッシャーを感じて気が休まらない」そうです。それもそのはず、トップアイドルともなれば四六時中誰かの目にさらされることになるので、プライベートなどあるはずもないです。「恋愛禁止」であればなおさら、忙しすぎて恋愛に現を抜かすこともできないままに時間が過ぎていく環境も珍しくありません。

しかし、ふとしたきっかけで気が緩んで誰かに癒しを求めたくなるのは人間の常です。もし仮にそのタイミングで近くにいることができたとしたら、少しだけでも接点を持つことができたとしたら、それがきっかけでアイドルと交際できる可能性もあります。

芸能人だからって諦めないで!ファンレターやブログから交際に繋がることも

芸能人の中には若い魅力的な人もいて、非常に人気のある人も少なくありません。特に、10代後半から20代前半ぐらいの芸能人の中には、かなり熱いファンがいるのも事実です。では、もし芸能人に恋愛をしてしまった場合はどうしたらいいでしょうか。普通に考えれば、芸能人と付き合うことなどできるわけがないというでしょう。確かに、ファンは自分だけではありませんので、自分とその芸能人がつきあう可能性はかなり低くなります。
恋愛をしたとしもしても、出会いがなければ付き合うことは難しいでしょう。ですが、考え方によっては交際することも不可能ではありません。実際に、ファンと付き合っている人もいるからです。ただし、あまりにも有名な人は可能性が低くなります。宝くじで100万円を当てるぐらいの確率と思って間違いありません。
ではどのように恋愛をした有名人と接点を持ったらよいでしょうか。一つはファンレターを書くことです。ファンレターを書く場合には、いきなり「付き合ってください」などと書いても、本気に思われない可能性があります。そして最初から付き合ってほしい旨述べても、軽く感じられるだけです。そこで最初は、その人のファンであることを書きましょう。有名人も人間ですので、ほめられればうれしいです。ファンレターにはその有名人のどの辺りが気に入ってファンになったかを書いておく必要があります。できるだけ丁寧な文字で書きましょう。顔を知らない相手から手紙が来た場合、そこに書かれている文字で判断するしかないからです。下手くそでもよいので、ていねいな文字で書くことが、好印象の秘けつです。
ファンレターは、一回送っただけではあまり印象に残りません。そこで何度か送るようにする必要があります。ただし、毎日のように書き続けていると、熱意は伝わるかもしれませんが、一歩間違えるとストーカーと勘違いされてしまいます。人間は、一つの出来事を忘れていくのがおよそ3週間ほどです。これはビジネス的な視点ですが、お客さんの頭の中にいつもその会社のことを思い出してもらうために3週間に一度ほど連絡を入れたり手紙を送る会社もあります。そこで、手紙を出さない間隔が開いたとしても3週間が限界で、理想的には2週間に一度ぐらいは手紙を送るようにしましょう。
ある程度送り続ければ、恋愛感情があることがわかるはずです。あとは実際に握手会などに行って名前を述べれば、文章と顔が一致するはずです。このようなことをしてうまく付き合うことができるのは、まだファンがほとんどいないようなアイドルがいいでしょう。もちろん恋愛禁止でないことが条件です。

ファンと結婚した芸能人

2017年には、大人気アイドルグループの一員が、ファンとの結婚を発表して大きな話題になりましたが、基本的に芸能人はどのような相手と恋愛をしているのかというと、「同業者(芸能人)」「有名人」「一般人」の三種類しか選択肢はありません。

一般人の場合、仕事場の同僚や取引先の社員、友人関係などの中からパートナーを選ぶことになるわけですが、これは有名人だとしても基本的には同じです。昔から交流がある友人(幼馴染)やその友人(知人)と結ばれることもありますが、特に多いのは「職場恋愛」の末にゴールインする構図です。人生の多くの時間を職場で過ごすことになる以上、その環境でパートナーを選別することになるのは必然と言えるでしょう。

これは何も一般人に限定される状況ではありません。程度の違いはあるにしても、より長い時間仕事場で生活する有名人の場合は、そこにいる人とゴールインすることになる可能性が高いと言っても良いでしょう。ただ、有名人の職場には「同業者」「有名人」「一般人」の三種類が混在しているため、結果的にそのどれに該当する相手とゴールインすることになるのかは分かりません。

ただ、有名人の恋愛は一般人のそれとはまったく違います。一般人ならば本人が気にしない限りは周囲からの目を気にする必要は一切ありませんが、有名人の場合はそうはいきません。自身が引き起こした物事の影響が自分だけで済まず、一緒に仕事をしている人にまで影響を与えてしまうことも考慮する必要があります。一般社会人でも会社に影響を与える行為は大きな問題になりますが、有名人の場合の影響とは性質が違います。

俳優やモデルなどに関しては自由恋愛が許可されている場合が多いですが、アイドルに類する存在の場合は「恋愛禁止」という条件で仕事をしている場合もあります。ただ、これはあくまでも「そういう体」でしかない場合も多くあるので、空想や虚像としてしか認識されていない場合も少なくありません。

自分のファンと結婚をするという行為は、言ってみれば「仕事関係の相手とゴールインする」という状況と同じようなものです。ただ、有名人の場合は「ファンに手を出した」として揶揄されることも多くあるように、ある種の「暗黙の了解」として不文律的に確立されているルールです。そのため、仮にファンと結婚をする場合だとしても、「相手は一般人」などという風に紹介(報道)されることになります。