喧嘩をするのは当たり前!大切なのは仲直りの方法

恋愛をすると、楽しいこともたくさんありますが、トラブルが起きることも少なくありません。例えば、恋愛をしている時に喧嘩をすることがあります。すべてのカップルが必ず喧嘩をするわけではありませんが、恋愛を経験した人の多くが、一度は好きな人との喧嘩を経験したことがあるのはないでしょうか。いくら、相手のことが好きであっても、また相手のことをわかっているようであっても、喧嘩をするときはあります。何十年も付き合っている夫婦でも喧嘩をすることがあることを考えると、わずか数カ月が数年程度しか付き合っていない男女に仲たがいが起るのは決して不思議ではないはずです。
ですが、仲たがいの状態をずっと続けていても、よいわけがありません。いつかは仲直りをし、また仲たがいをする前のように仲よくしたいものです。仲直りするためには、いくつか方法がありますので、その方法を説明していきます。
その方法とは、少し時間を置いてから仲直りをすることです。仲たがいをした時にはすぐに冷静になれる人であれば、相手に対して謝りたいと思う気持ちがあるかもしれません。ですが、相手が必ずしも冷静になっているとは限りません。その場合は、相手の怒りが収まるまで、あるいは感情の整理ができるまで時間をあけることが重要です。目安としては24時間ぐらいは時間を置きましょう。1週間も2週間も経過してしまうと、仲直りどころか、ますます距離が離れてしまう可能性があります。1か月も経過すると、自然消滅してしまう可能性もあります。あまり急ぐ必要はありませんが、頭が冷静になった24時間後を目安に相手と仲直りをしましょう。
ですが、恋愛をしている相手と争いになった場合は、必ずしも相手が話しに応じてくれるとは限りません。連絡を取っても、相手は返事を返してくれなかったり、電話にすら出ないこともあります。そのようなときは、もう少し時間をことも大事ですが、三日程度時間をおいて、それでもなお連絡が取れなければ共通の友人の間にはさむようにしましょう。相手も、当事者同士だから冷静になれなかったかもしれませんが、機会をうかがって謝ろうと思っているかもしれません。ですが、素直にできない人もいます。そこで第3者を間に入れることで、冷静な話し合いができる可能性も出てくるでしょう。
喧嘩をした後は、どのような会話をしたらいいか迷う人もいるでしょう。特に、会話は難しく考える必要はなく、今の気持ちを素直に伝えることです。

朝の喧嘩よりも夜の喧嘩の方が長引いてしまう理由

恋愛中の相手と喧嘩した時に、朝よりも「夜」の方が長引きます。その理由は脳がしっかりと記憶してしまうからです。眠る前などはかなりマズイですから、注意してほしいと考えます。夜は視界が狭くなる上に、人と関わるタイミングが少なくなるのが問題点です。ましてや部屋で一緒に恋人といると二人だけの世界に近いですから、記憶しやすくなります。特に恋愛中の相手だと感情移入が優先されたり、思いが強くなるため、余計に脳が記憶してしまいます。喧嘩するとお互いダメージを受けますが、メンタル的なストレスはけっこう頭の中に残りますから、注意してください。

逆に朝だと視野が広まる時間帯で、人と関わるタイミングが多くなります。言い方を変えると、恋愛中の相手と朝に喧嘩しても、夜には仲直りということがあります。夜の喧嘩と全く違います。しかも日光に当たっていると嫌な気分もなくなっていき、次に会う頃には「どうでもいいか」や「忘れようかな」になるチャンスが来るのはポイントです。けれども夜だとアンラッキーなことに繋がってしまいます。ましてや、眠る前に喧嘩すると眠りにくくなったり、寝不足で余計に根に持ちやすくなるのが厄介です。しかも喧嘩した直後は気を反らすタイミングがあまりないです。仮に眠れても次の日の朝に「あいつがむかつく」になりやすいですから、気をつけてください。

日光は人の気分を前向きにしやすくしますが、月光は人の気持ちを不安にさせたり、動揺させやすくします。メリットはありますが、満月の日に交通事故や犯罪の増加、争いが多くなるのは間違いないです。もしも恋愛中の相手と暗い時間帯に合うなら、満月の日は避けたいところとなります。月光は人を狂わせてしまう力があるのが問題です。三日月や半月くらいなら問題は少ないですが、満月は注意してほしいと思います。

日光はプラス、月光はマイナスと捕らえることもできます。あくまで目安ですが、光の量で変わったりします。真夏の日光は熱すぎてマイナスが増えますが、真夏の月光だと温度を上げないですから、プラスになったりするのもポイントです。何が言いたいかと言うと、人は意外にも自然や温度で感情が左右されやすい事です。争う原因も、暴言を出す時も、意外と他のストレスが溜まってトラブルになるときがありますから、知ってください。人は女性でも男性でも、感情的になりやすい生き物となります。争っても別れなければ再生する事もあるでしょう。

嫉妬深い人はストーカー気質なのかも…?

いろんな人と恋愛をしていると、中には異様に嫉妬深い恋人もいます。軽いヤキモチを妬くくらいならいいですが、中にはストーカー気質な人もいるので気をつけなければいけません。ここではどんな人がストーカー気質なのか詳しく説明するので参考にして恋愛をしてください。
ストーカー気質の特徴にあげられるのが、やはり異様に嫉妬深いことです。恋人の行動を知りたがりメールや電話で恋人の居場所を頻繁に確認したがります。メールの返信が遅れたり電話に出ないと、すぐに切れてしまい相手を叱ることが多いです。こういう相手は別れた後にストーカーになることが多いので、こういう相手とはできるだけ恋愛関係にならないように気をつけましょう。
見栄を張ったり嘘つきな人もストーカー気質なことが多いです。相手にいいように思われたいので付き合う前は見栄を張ったり嘘をついたりします。なので付き合う前はおしゃれなレストランで御馳走をしてくれたり、豪華なプレゼントをくれいかにも高収入があるように見せたりしていますが、付き合ってみると仕事もしていなくて借金だらけという場合もあります。こういう人は自分の見栄や嘘を指摘されると逆ギレしてしまいずっと根に持たれることもあります。恋愛関係になる前に相手の嘘や見栄を見破ることがとても大事です。
他にもなんでも知ったかぶりをする人はストーカー気質なので要注意です。こういう人は自分を良く見せたい願望が強いので、聞いてもいないのに知識をひけらかすことが多いです。その知識も専門的な知識ではなく誰でも知っているようなことばかりで、詳しい質問をすると答えられず逆ギレすることもあります。こういう人と恋愛をすると自分の自慢話ばかりされ、自分の気に入らないことがあるとすぐに怒ることも多いです。別れると嫉妬深くいつまでもネチネチ付きまとわれるので気をつけてください。
自分のミスをすぐに他人のせいにしたり、自分がうまくいかないのは社会のせいにしてしまう人も将来ストーカーになる可能性が高いです。なぜなら自分がフラれた原因は相手のせいで、自分が悪いとは絶対認めようとしないからです。なので自分を捨てた相手が許せなくなりやがてストーカーになるというわけです。
自分が褒められるとすごく機嫌がよくなりますが、自分以外の人が褒められるとすごく機嫌が悪くなる人も、将来ストーカーになる可能性があります。そういう人は自分大好きなので、自分以外の人が認められるのは許せないという人が多いです。恋人が自分以外の人をほめた時にめちゃめちゃ怒りだしたら要注意です。

嫉妬が恋愛を壊すことも…嫉妬中絶対にやってはいけない行動

嫉妬はかなりネガティブで強い感情ですから、気をつけてください。恋愛では特に嫉妬や憎しみ、恨みや強欲は関係を壊すため、最悪は別れる、になってしまいます。恋愛中に相手を「うらやましいな」と思ったら、絶対にやってはいけない行動は「悪口」や「悪い態度を出す」、「嫌がらせ」です。それら3つは攻撃ですから、相手を不愉快な気持ちにさせてしまいます。恋愛にタブーなのはネガティブな行動です。通常は恋をすると、アクシデントを除いては、お互いプラスにしていくように働きかけます。メンタル的なものでも、資産や人間関係でもメリットになるのが特徴です。

けれども嫉妬はそれらのプラスを壊すように働きかけてしまいます。妬むと相手を攻撃したくなり、傷はマイナスになるのが問題点です。初めはチクチクとメンタルにアタックしますが、行くところまで行くと肉体に攻撃してしまうのが悩みの種です。そこまで至らないように注意してほしいと思います。恋愛に攻撃や暴力はタブーです。

悪口も恐いです。人や恋人に嫉妬するとけなしたくなる癖が出てきます。相手をバカにしながら罵った言葉を使うと、そのままそっくり自分に返ってくるのもヤバいと思います。何でヤバいのかと言うと、誰かに言った悪口が自分にきた時にダメージが大きいからです。自覚している人なら「自分のやった事が返ってきた」と認められますから、反省につながる可能性はありです。けれども、自分が悪口を言った事に自覚がないと、「は?なんで?」とか「ふざけんなよ、お前!」になりがちです。嫉妬はかなりエゴが強いところがありますから、なるべく悪口は言わないでください。

しかし、悪口を言わないと心は病みます。悪口を言いたくなるのは、吐き出したいからです。嫉妬は苦しい感情で、毒を作ってしまいますから、気をつけてください。もしも堪えられなくなったら秘密厳守の相談機関を利用して、言いたいことを言えばかなり安全です。相談機関に勤めている相談員は、相談者から聞いた話を誰かに言ってはいけない決まりがありますから、安心できます。言えば自分に返ってきますから、言葉の使い方には気をつけてほしいです。 

悪口を友達や恋人に言ってはいけないです。キツイ言い方ですが、告げ口したり、裏切る可能性はあります。悪口はそれだけ威力があって、周りも自分も不幸にする行動です。口から吐き出された言葉が聞かされた人のメンタルはダメージを受けます。悪い言葉は悪い感情を生み出します。

嫉妬心は自信の無さの現れ?

嫉妬心は「自信の無さ」が大きく関係しています。嫉妬は上か下かで判断する癖がありますから、注意しないといけないです。また、妬(ねた)むと相手を見下せない、上だと認めてしまっているのが特徴的ですから、自分より下にするために攻撃したり、悪いところを探そうとする癖が目立ってきてしまいます。恋愛でも恋人や他のカップルに、嫉妬することもよく有ると思いますが、どこかで自信の無さや不安を感じているから、攻撃して自分を守ろうとする考えが出てきてしまいます。

嫉妬しやすい人はコンプレックスが多いです。自分の中に劣っているところがあって、それが嫌だから別の何かに意識してコンプレックスを無視したり、相手を妬んで覆い隠すようにしようとする人もいます。けれども、嫉妬している相手を見ていてイライラしたり、苦しくなって攻撃したくなる感情は、負い目や自分に足りないもの、自分が許せないものがそのまま映しだされている場合が多いです。これを「投影」と呼びます。

恋愛でも投影はかなり多いと思います。特に理想的な相手を見つけて、自分では逆らえないぐらいに引き寄せられてしまったら、投影は何時かかならず出て来るのがきついところだと思います。恋愛において、互いに理想的な相手と見て付き合っている時は強烈で激しい恋に落ちますが、冷めた時が恐いです。恋愛していると後ろも先も見えなくなりますから、ただ目の前にいる相手に没頭します。ですから、相手の良くないところとか、経験や生い立ちを無視してしまい、嫌なところも見なくなってしまいます。

愛と嫉妬はとなり合わせだと思っています。情熱的な恋愛が冷めてしまった時、「あれ?」が来ます。その時にコンプレックスに魅力を感じていたのが、妬みや嫌悪、自分が持っていないところの投影を見た時に、アグレッシブな様子が出てきてしまいます。バーンアウト(完全燃焼)と似ていますが、熱中したあとは気分が落ちて、回復したら嫌だになる仕組みとそっくりです。自信の無さが出て来ると相手に負けたくないと思うか、隠したくてごまかすか、それとも別れてしまうか色々なパターンがありますが、悪い関係にならないように注意してほしいです。

妬みや憎しみの対処方法は、自分に嘘をつかずにそのまま認めると良いと思います。自分に嘘をつくとイライラしてきますから、正直に認めてほしいです。認めると、どうしようか考えるようになりますから、自分に自信が無いと気づける時がきます。

嫉妬深い女性の性格傾向

恋愛するために女性と付き合っていると、たまに「嫉妬深い女の人」に当たる時があります。性格は批判的であれこれ比べたがる癖がありました。正直に言って、付き合いをしていて、厳しいな、と思った時が何回かあったです。「嫉妬」はかなりネガティブな感情で誰にも備わっている機能です。けれども恋愛になると、その激しさは増してしまうのが問題点だと思います。他人が勝っているのを認めない、自分以下であってほしい、うらやましいなどたくさんの意味が出て来るのが嫉妬の特徴です。

妬みやすい女性は多いと思います。それをストレートに出すか、上手く前向きな感情に変えて、表現を変えるか、だと感じ取れます。女性は感受性が強いので、その時に感じた不快な感情を無視出来なくなる時がありますが、それは純粋だから止められないのかな、と判断しています。恋愛になると特に妬みやすくなるポイントですが、女性の多くは恋に重点を置いているからでしょう。男性でも愛はほしいはずですが、女の人の方が愛を強く求めるのは本能的です。また、愛情の裏返しは憎しみや嫉妬ですから、紙一重だと思います。

嫉妬深い女性の性格は批判的だったり、あれこれ比べる様子がある他には、わがままだったり、支配欲が強いからとも言えます。「わがままな人は自分より下でないと嫌だ」、という考えを持っていますから、私としては困ってしまうから悩みです。本人は自覚はないのだろうけど、「無意識の内では自分以下が当然」と思っているでしょう。恋愛になると彼氏に甘えて、あれこれ要求してくるタイプの女の人は嫉妬深い可能性は高めです。

一例ですが、顔を見ても相手が妬みやすいかそうでないか、判別させられます。口元と目つきがポイントですが、口元が下向きか上向きか、平行であるか、とても重要なところです。上向きだと前向きで肯定的、好きが多い可能性はあります。平行だとバランスが取れている、冷静や偏見になりにくい性格の場合があります。しかし、注意してほしいのは「下向き」です。口元が下がっているとわがままで好き嫌いが激しい、頑固でマイナスの感情が出やすい人がけっこう多めだと感じます。付き合っていた妬みやすい女の人は口元が下がっていました。

目つきは色々ですが、上向きだったり釣り上がっていると、妬みやすい性格の場合があります。気が強い人は自分中心なところがあって、人を下に見がちなところが問題点です。推測になりますが注意して下さい。

初デートでの自慢話や自己アピールは逆効果!

初デートで自慢話や自己アピールはしては駄目です。恋愛スタート初めからエゴを出してしまうと、相手は「えっ!?」と思ってしまう可能性は高めとなります。外人ならありかもしれないですが、一般的に自慢話や自己アピールは嫌がられますから、注意してください。血液型の話で言うとA型の人は神経質で控えめなところがあり、繊細なところがありますが、自己中な人を嫌う傾向が気にしたいポイントです。A型の人は多いため、自己中な人を批判する様子がけっこうあると思います。B型はエゴイストが多くて、自己中心、人の話を聞かないところが問題点です。

全部の人がA型だから神経質で控えめ、B型だからエゴイストで人の話を聞かないとは限りません。正反対の時もあって人それぞれで色んな人がいます。あくまで一例です。血液型だけで判断すると困ったことになりますから、注意してください。また、恋愛で遠慮は必要だと思います。人間関係ですから、妥協や譲り合いはポイントになります。何型であっても自慢話や自己アピールばかりする人は嫌われるのが問題です。相手の話を良く聞いて、場を盛り上げる方がかなり上手くいくと思えます。

恋愛スタート時からいきなり自分の自慢話をされると引いてしまう人もいます。押しに弱いけれど、押されたくない人には自己アピールもNGです。デート中は少し考えて、相手の様子を見ながら対応した方が上手くいきますから、おすすめしたいです。恋愛中に緊張もすると思いますが、プレッシャーやストレスがともないます。自分を守るために自己アピールする場合はありますが、恋愛したい人は基本的に相手を傷付けようと思っていません。ですから安心してほしいと考えます。自慢話は「自分の方が上だ、お前達とは違うんだ!」と言っているのと同じですから、避けるべきです。

デート中に相手が自分中心だと分かったら距離を置く必要があります。場合によっては相手は「ナルシスト」の可能性が出てきますから、そういった人は丁重にお断りして、他の方を探してください、と言いたいです。少しキツイ言い方ですが、ナルシストは自分が一番可愛いです。よって自分中心でわがままになったり、相手にこうしてほしい、ああしてほしいと要求してくるのが問題点です。そのような人と付き合っても傷付けられたり、プレッシャーを与えられながら利用されたりと、あまり良いことはありません。理想的な相手は思いやりがあって、妥協できる人だと私は考えます。

好き嫌いが多い彼女と行くお店選び

恋愛感情というのは他人には理解されにくいもので、本人の好みが常に周囲の人に認められる、納得されるわけではありません。「どうしてあんな人と付き合っているの?」そんな疑問を友人や家族に言われたことがある人はそれなりにいますが、恋愛に関しては本人が納得している、満足していれば幸せだと言えるはずです。
そんな中で男性に比較的多い傾向として、「ワガママな彼女」好きというものがあります。苦手な人からすれば良さが分からないかもしれませんが、我儘を言うというのは甘えと同じで、自分を頼ってくれていると男性の本能が刺激されるのです。それゆえ可愛いと思えますし、恋愛モードに入っていれば許せてしまうという人は多く、本人同士が納得していれば周囲が口出しすることではありません。
ただ問題もあって、男性側としては彼女の我儘を聞き届けてあげたいが、上手くできないといった場合もあります。例えば好き嫌いが多い彼女とデートで食事に行く時に、お店選びに困って拗ねさせてしまうといった男性は多いかもしれません。ここでポイントは本当に苦手な食材や料理があるのか、単に気持ち的なものであるのかを見極めることです。そしてさりげなく彼女の意見を引き出していくと、嫌だと言われずに済むので試してください。
やり方としては「肉か魚か」「和食か洋食か」といった二択を出していくところで、女性全般の性格は多すぎる選択肢は選びきれなくなってしまうので、どちらか一方を決める質問がベターになります。彼女に選ばせることによってお店選びに文句を言われなくなり、デートを心から楽しむことができるようになるはずです。また最近はビュッフェスタイルの店も増えているので、こちらを活用することで自分の好きな料理を選べるので、相手が質問に面倒くさそうにしている時には利用すると良く、ホテルなどは高級感があるので喜ばれる可能性が高まります。
好き嫌いが多い彼女との行動は疲れるものですが、好きな人に取っては振り回される感覚も嬉しいものと言えます。こればかりは恋愛の嗜好性による違いなので、本人たちが幸せなら問題はないはずです。ただせっかくのデートで雰囲気が悪くなるのはもったいないので、お店を選ぶ際の対処方法を知っておくと役立ちます。食事をする時は選びやすい二択を出して相手に選ばせる、もしくはビュッフェスタイルにするのも有効です。デート先が決まっている時は、事前に店を調べておくとスムーズになります。

初デートでスムーズに手を繋ぐタイミングっていつ?

恋愛において様々な悩みはつきものです。ようやく好きな異性とく交際に発展し、初デートの日を迎えると、それはそれでまたたくさんの悩みが出てくることでしょう。その一つが初デートでどうすればスムーズに手を繋げるかということです。中には繋ぐタイミングをうかがっていたのに、なかなかタイミングがつかめずに、繋ぐことなく終わってしまったという人も多いものです。
そもそも初デートで手を繋ぐという行為は、女性からすればどのように思っているのでしょうか。多くの女性は、恋愛を経て初デートで手を繋ぐことに関しては、相手から繋いでくれるのを待つという人が多く見られます。また全体の6割以上が、好意的に思っている人、恋愛相手とは手を繋ぎたいと思っていることがわかります。しかしここで注意しなければならないことがあります。これはすでに恋愛を経て、交際に発展していることが前提だということです。もしも無理に手を繋ごうとしているのであれば、たとえ自然に繋いだとしても、相手に嫌がられてしまったり、軽いと思われてしまう可能性もあります。多くの人が自分に行為があるのであれば、手を繋いでもよいと思っていることがわかります。
手を繋ぐという行為は、それだけでも互いに好きである、恋人同士であると言っているような特別なものです。だからこそ付き合って初めてのデートでは、恋人になったという実感を持つために手を繋ぎたいと思っている人も多く見られます。たとえ付き合う前から仲が良かったとしても、手を繋いでいるという特別な行為が加わることによりどきどきし、テンションも上がることでしょう。付き合い始めの楽しさを十分に満喫することもできるでしょう。
初デートでスムーズに手を繋ぐタイミングとしては、まず一つ目に繋ぐことが目的ではなく、手段として?ぎましょう。具体的に例をあげると、映画館などに入る時に薄暗くて段差があるときに手を添えたり、相手がハイヒールで階段を上る時に手を繋いだり、人混みを歩く時などに危ないからと相手を気遣い、手を繋いでみると好印象です。つまり手を繋ぐことが目的ではなく、相手への気遣いであることがポイントです。
二つ目の方法としては、ストレートに手を繋いでみましょう。手を繋ごうといって手を繋いだり、ぎゅっと力を入れて繋ぐと、男性であれば男らしい印象を与えることができるでしょう。言葉や行動ではっきりと手を繋いでくることを求めていることがわかります。