「アイドル」が好きだという人は非常に多いのですが、そもそもアイドルは手の届かない存在だからこそ価値があるかのように認識することができていて、あくまでも理想像として好きや嫌いといった感情を持っているだけに過ぎない人が大半です。もっとも、これが本来の考え方であって非常に適切なものだと言えるのでしょうが、中にはアイドルに対して特別な感情を抱いている人もいます。

たとえば、「もしもチャンスがあれば恋愛相手になってみたい」「結婚したい」という感覚を抱く程度であればまだしも、本格的に「どうすれば恋愛をすることができるのか」と言うことを考え始めると、度を越したアイドルファンになってしまう可能性が出てきます。多くのファンはそういった考え方を否定しがちで、いわゆる「みんなのもの」という感覚を迎合する傾向があります。

しかし、現実に芸能人やアイドルと恋愛をしている人はいるわけです。同じ業界の人(芸能人)と恋愛をする傾向が強いのかというとそうではなく、アイドルの結婚相手が一般人であることは珍しくもなんともありません。むしろ、トップアイドルほど一般人と結婚をする傾向が強いような感覚さえ覚えるほどです。ということは、単なるアイドルファンだとしても特別な存在になれるチャンスはあるということになります。

もし、「いちアイドルファン」から特別な存在になりたいと思うのであれば、まずは「一般的に見て普通ではない存在」になることが最短ルートです。例えば、ベンチャーを起業して時代を席巻する功績を遺したり、大企業の社長となって非常に高い地位を得るなどがあります。しかし、ほとんどの人はこれを目指したところで実現することができないわけなので、「まったく別の方法」でアプローチすることも検討する必要があります。

実際にアイドルを経験したことがある人曰く、「アイドルはとんでもないプレッシャーを感じて気が休まらない」そうです。それもそのはず、トップアイドルともなれば四六時中誰かの目にさらされることになるので、プライベートなどあるはずもないです。「恋愛禁止」であればなおさら、忙しすぎて恋愛に現を抜かすこともできないままに時間が過ぎていく環境も珍しくありません。

しかし、ふとしたきっかけで気が緩んで誰かに癒しを求めたくなるのは人間の常です。もし仮にそのタイミングで近くにいることができたとしたら、少しだけでも接点を持つことができたとしたら、それがきっかけでアイドルと交際できる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA