世の中には色んな人がいますが、一生に一度も恋愛なんてしなくていい、したくない、という人はほとんどいないのではないでしょうか。誰でも心から愛する事が出来る恋人が欲しいと願うのはごく自然な気持ちです。恋愛する事だけが人生の全てではありませんが、愛する人がいるだけで考え方が前向きになったり、自分を愛してくれる人がいると言うだけで自分に自信を持つことが出来たり、良い事が沢山あります。愛する恋人と一緒に過ごす時間は、それまでより更に豊かで楽しいものです。いつまでも恋人とお互いに愛し合って、楽しく過ごしたいと皆願います。そうなれば問題無いのですが、そうばかりもいかないのが恋愛の難しいところです。恋人とギクシャクし始めてしまう原因はそれぞれ色々あるでしょう。例えばどちらかが浮気したり、遠距離恋愛になってしまったり、ということはよく見聞きします。それ以外にもよくあることの一つとして挙げられるのは、あまりにも嫉妬心が強い恋人と付き合ってしまったということです。心の中に収めておける程度のものならばほとんど問題は無いでしょうが、問題はあまりにも嫉妬心をむき出しにして相手に接する事です。恋人が異性と話すだけで嫉妬したり、仮に仕事上必要な事であったとしても、異性と二人きりで行動することが許せないなど、そういう気持ちを表すと相手は嬉しいどころか困惑するでしょう。正直言って重い存在だと思われてしまうのがおちです。相手からすると、浮気するつもりなんか絶対に無いのに、それでもそんなに自分は信用できない存在なのか、という気持ちにもなってしまいます。恋人から信用されていないと一度感じてしまうと、少なからず失望します。その失望感を拭い去るのは容易ではありません。あまりにも嫉妬心が強すぎると大事な恋人を自分からみすみす手放してしまう事に繋がってしまいます。恋愛関係だけではなく、家族関係にしても友人関係にしても、良好な関係を保つためにはお互いの信頼が必要不可欠です。嫉妬してしまうのはそれだけ恋人を想うあまり、だということは分かりますが、やり過ぎは絶対に良くありません。相手も同じくらい自分を愛してくれているのだと信じましょう。相手も一人の人間としての生活もありますので、そのことも尊重しましょう。自分の思いだけで束縛するようなこともあってはいけません。人は信用して貰っていると感じると、その信用を裏切らないようにしようとするものです。恋愛をするといつも嫉妬心に苦しむ、と言う人はまずは恋人を信用するという気持ちを持ち続けるように努力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です