恋愛中は特に相手を自分に引き付けておきたいという気持ちも強いので、ちょっとしたことでも喧嘩をしてしまうことがあると思います。昔から喧嘩をするほど仲が良いという言葉がありますが、本当にこの理論は正しいのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
恋愛は素敵なことですから、できれば喧嘩をしないで仲良く過ごしたいと思うのは当然です。ですが仲良く過ごすために相手に合わせすぎてしまったり、言いたいことを我慢してしまったりしていると、ある日突然すべての不満が爆発してそのまま破局してしまうということもあるのです。
喧嘩をすることができるということは、本音を相手にぶつけることができる関係だといえます。もちろん普段から本音をぶつけ合っている中の良いカップルもいると思いますが、恋愛中というのは相手に自分のことをよく見てもらいたいという心理が働きますから、本当の自分ではなくちょっと演技をしている良い自分を見せているという人もいるのではないでしょうか。
そういったちょっと本当の自分を隠して相手に接していると、やはりどこかに無理が来てしまうので楽しいはずの恋愛が苦しくなってしまったりする原因になります。
だからこそ本音を思いっきりさらけ出してぶつけることができる喧嘩をすることができるのは、お互いの気持ちの距離が近くなっている証拠であるともいえるのです。仲が良いからこそ本音をぶつけ合って、怒鳴りあったりすることができるので、喧嘩をするほど仲が良いという理論は、ある意味で正解といってもいいのではないでしょうか。
ただ注意しなければいけないのは、一方的にどちらかが起こっていて言いたいことを言いっぱなしという状況です。片方だけどんどん相手を責めるような関係はやはりどこかいびつなものがありますから、お互いがお互いに言いたいことを思いっきり言える環境をつくれることがいい恋愛をしている証拠かもしれません。
また一方敵に片方が言いたいことを言うのではなく、相手を無視するようになってしまうのも問題です。無視をするようになるとそこで話は終わってしまいます。無視をされたほうが折れて仲直りするということもあるかもしれませんが、その状況が続いてしまうとどうしても気持ちが離れていってしまいますので気を付けましょう。
恋愛で大切なのはたとえ意見がぶつかってしまったとしても、ちゃんと仲直りをしてお互いにお互いのことを考えてあげることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA