周りを見ても、芸能人のように素敵な人はいないし、自分は恋愛環境に恵まれていないと感じる人も多いでしょう。せっかく好きな人を見つけたくても、このような環境では好きになることはできないと思っている人もいます。
芸能人のように、背が高くて、整った顔立ちの人に憧れるという人は多いです。テレビで見る姿に憧れてしまうこともあります。疑似恋愛のように、ファンになっているという人もいます。周りの環境も良くないし、恋愛したくてもできないと諦める必要はありません。
もしかしたら、芸能人が手が届かないところにいるからこそ、輝いて見えるのかもしれません。身近にいる人というのは、意外と良さが分からなくて恋愛に発展しないものです。身近にいるからこそ、いつも側にいるのが当たり前と考えてしまい、細かいところが気になってしまうということもあります。
例えば、職場の同僚など、毎日同じ生活にいると、それほどかっこよくもないし、憧れる対象ではないと思い込んでいるという場合が多いです。ヒゲの剃り残しであったり、しゃべり方であったり、近くにいるからこそ気づいてしまうポイントを、課題にマイナス評価していることがあります。
けれども、その身近な人というのは、実は職場であなたを支えてくれている人かもしれません。同じ環境にいるからこそ、分かり合える点というのもあるでしょう。手が届かない芸能人ではなく、手が届き過ぎてしまう身近な人というのは、実際よりもマイナスに評価してしまいがちです。
芸能人のような輝いている人がいないから恋愛できないと考えていたら、それは間違いかもしれません。今ある環境の中で、周りをもう一度よく見渡してみましょう。もし、それでも恋愛感情がわかないようであれば、自分の世界を広げるといいでしょう。習い事など、あたらしいことにチャレンジするというのは、大人になると苦手に感じるものです。今の安心できるコミュニティの中にいたいという気持ちが強くなるからです。
けれども、あえて安心できる場所から飛び出すことで、あたらしい環境の中に入ることができます。毎月の習い事が難しければ、一度だけ体験してみるという方法もあります。また、資格試験の学校へ行ってみたりと思っている以上に自分の幅を広げることは簡単にできます。意外なところでは、同窓会なども、今まで見えなかったいいところを発見できるチャンスになります。年齢と共に考え方も変わっていくので、思い込みで人を判断しないことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA