恋愛中の相手と喧嘩した時に、朝よりも「夜」の方が長引きます。その理由は脳がしっかりと記憶してしまうからです。眠る前などはかなりマズイですから、注意してほしいと考えます。夜は視界が狭くなる上に、人と関わるタイミングが少なくなるのが問題点です。ましてや部屋で一緒に恋人といると二人だけの世界に近いですから、記憶しやすくなります。特に恋愛中の相手だと感情移入が優先されたり、思いが強くなるため、余計に脳が記憶してしまいます。喧嘩するとお互いダメージを受けますが、メンタル的なストレスはけっこう頭の中に残りますから、注意してください。

逆に朝だと視野が広まる時間帯で、人と関わるタイミングが多くなります。言い方を変えると、恋愛中の相手と朝に喧嘩しても、夜には仲直りということがあります。夜の喧嘩と全く違います。しかも日光に当たっていると嫌な気分もなくなっていき、次に会う頃には「どうでもいいか」や「忘れようかな」になるチャンスが来るのはポイントです。けれども夜だとアンラッキーなことに繋がってしまいます。ましてや、眠る前に喧嘩すると眠りにくくなったり、寝不足で余計に根に持ちやすくなるのが厄介です。しかも喧嘩した直後は気を反らすタイミングがあまりないです。仮に眠れても次の日の朝に「あいつがむかつく」になりやすいですから、気をつけてください。

日光は人の気分を前向きにしやすくしますが、月光は人の気持ちを不安にさせたり、動揺させやすくします。メリットはありますが、満月の日に交通事故や犯罪の増加、争いが多くなるのは間違いないです。もしも恋愛中の相手と暗い時間帯に合うなら、満月の日は避けたいところとなります。月光は人を狂わせてしまう力があるのが問題です。三日月や半月くらいなら問題は少ないですが、満月は注意してほしいと思います。

日光はプラス、月光はマイナスと捕らえることもできます。あくまで目安ですが、光の量で変わったりします。真夏の日光は熱すぎてマイナスが増えますが、真夏の月光だと温度を上げないですから、プラスになったりするのもポイントです。何が言いたいかと言うと、人は意外にも自然や温度で感情が左右されやすい事です。争う原因も、暴言を出す時も、意外と他のストレスが溜まってトラブルになるときがありますから、知ってください。人は女性でも男性でも、感情的になりやすい生き物となります。争っても別れなければ再生する事もあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です