喧嘩をしたときに仲直りの謝罪をLINEで送るというのは今の時代では珍しいものではないのですが、彼女の性格を考えて送らなければ更に喧嘩をしてしまうということがあるので注意しなければなりません。

男性からすれば直接女性に謝りづらいということでLINEを使って謝ったり、あるいは直接謝る前にワンクッション置くつもりで文章にして謝るという理由があって送ってくることがありますが、彼女に意図が伝わらなければ意味がありません。

恋愛関係というのは強固な結びつきのように見えて、ちょっとしたきっかけで破局を迎えてしまうこともありますから、喧嘩をしたときにはよく考えて謝ることが大切です。
まず、直接言葉にして謝らないことに対して彼女はどのように受け取るのかということを最初に考える必要があり、言葉に出すよりも文章で一度謝ったほうが良いと判断した上で送るのであれば問題はありません。

直接相手に謝ろうとした場合、更に口論となってしまって状態が悪くなるということはよくありますから、一度文章で謝った後に直接あって謝った方が上手く行きやすいのでこのようなやり方はトラブルを回避する上では悪いものではありません。
ただし、彼女が直接口に出して謝罪をしないのは男らしくないと判断をするようなタイプだと逆効果ですから、相手のことを理解した上で実行すると良いでしょう。

単純に直接口に出して伝えるのが苦手でLINEに頼ってしまうという男性もいるものですが、このようなタイプは女性からすると甲斐性がないように感じられて恋愛の熱も冷めてしまいかねないタイプとなります。
特に彼女が男らしさを求めるタイプだった場合、直接あって謝らないことに幻滅をしてその時点で終わってしまうということもあるので気をつける必要があります。
ただでさえ喧嘩をしている状態で神経質になっているわけですから、刺激をするような謝り方をすると逆効果になってしまうので、やはり恋愛関係を維持していきたいのであれば直接あって口に出して悪かったと伝えたほうが確実だといえます。

本格的に謝罪をするためのきっかけとしてLINEからはいるというのは方法論として悪くありませんが、それで謝罪はおしまいとなってしまうと、女性からしてあまりいい印象を持たないものです。
恋愛関係は信頼によって成り立つわけですから、文章だけで済ませるといった信頼を損ねる行為はすべきではありません。
LINEは取っ掛かりとしては便利ですが、頼り切るものではないということを頭に入れておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA