喧嘩するほど仲がいいと昔から言われていますが、これは一種の心理を突いている言葉です。喧嘩をするということは本音をぶつけ合うことができる関係だということでもあります。普段我慢していたことなどを喧嘩をして相手にぶつけることによって、より相手を理解していくことにもつながりますし、無意識に感じていたストレスを発散することもできます。逆に仲良しカップルで喧嘩を一度もしたことがないというほうが、もしかしたら危険かもしれません。相手に何の不満もないから、ぶつかることもないといった理由なのかもしれませんが、相手のことを思いやるあまりに無意識のうちにいろいろと我慢している可能性があるからです。こういったカップルはある日突然破局して別れてしまうということもありますので、恋愛関係を円滑に続けるためにも時には本音でぶつかり合うことも大切なのです。
しかし喧嘩のやり方によっては、恋愛関係を悪化させてしまう危険なケースもあるので注意したほうがよいでしょう。
それはどんな状態なのかというと、無視をするということです。相手のことがやることが気に入らなかったり、例えば約束を守ってもらえなかったり、ほんの些細な出来事でも話したくないと思う時は誰でもあると思います。けれども虫をするということは相手との関係を一方的に打ち切ってしまっている状態だともいえます。
最初のうちは無視をしていると相手のほうから折れてくれて話しかけてくれたり、機嫌を取ってくれたりするかもしれません。ですがその状態が普通になってしまって、常に喧嘩をすると無視をし始めて、相手から歩み寄っているのを待つのが当たり前になってしまうと、恋愛中はとても危険な状態かもしれません。
恋愛関係を続けたいと思っているから、無視をされたときには気持ちを抑えて歩み寄ってくれているわけですが、実はこれは無意識のうちに一方的な関係になっている恐れがあるのです。
どういうことかというと、無視をするほうが立場が上という関係にいつの間にかなってしまっているわけです。そうなると恋愛関係もおかしなことになってしまう可能性がありますし、常に自分から折れて歩み寄っていると我慢を強いられることになってストレスも溜まってしまいます。
そしてストレスが限界に達した時には恋愛感情がなくなってしまって、別れるという結論に達してしまう可能性があるのです。
たまにならかわいいといってもらえるかもしれませんが、毎回やっていると気持ちを冷ましてしまうかもしれないので気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA