恋愛をすると、楽しいこともたくさんありますが、トラブルが起きることも少なくありません。例えば、恋愛をしている時に喧嘩をすることがあります。すべてのカップルが必ず喧嘩をするわけではありませんが、恋愛を経験した人の多くが、一度は好きな人との喧嘩を経験したことがあるのはないでしょうか。いくら、相手のことが好きであっても、また相手のことをわかっているようであっても、喧嘩をするときはあります。何十年も付き合っている夫婦でも喧嘩をすることがあることを考えると、わずか数カ月が数年程度しか付き合っていない男女に仲たがいが起るのは決して不思議ではないはずです。
ですが、仲たがいの状態をずっと続けていても、よいわけがありません。いつかは仲直りをし、また仲たがいをする前のように仲よくしたいものです。仲直りするためには、いくつか方法がありますので、その方法を説明していきます。
その方法とは、少し時間を置いてから仲直りをすることです。仲たがいをした時にはすぐに冷静になれる人であれば、相手に対して謝りたいと思う気持ちがあるかもしれません。ですが、相手が必ずしも冷静になっているとは限りません。その場合は、相手の怒りが収まるまで、あるいは感情の整理ができるまで時間をあけることが重要です。目安としては24時間ぐらいは時間を置きましょう。1週間も2週間も経過してしまうと、仲直りどころか、ますます距離が離れてしまう可能性があります。1か月も経過すると、自然消滅してしまう可能性もあります。あまり急ぐ必要はありませんが、頭が冷静になった24時間後を目安に相手と仲直りをしましょう。
ですが、恋愛をしている相手と争いになった場合は、必ずしも相手が話しに応じてくれるとは限りません。連絡を取っても、相手は返事を返してくれなかったり、電話にすら出ないこともあります。そのようなときは、もう少し時間をことも大事ですが、三日程度時間をおいて、それでもなお連絡が取れなければ共通の友人の間にはさむようにしましょう。相手も、当事者同士だから冷静になれなかったかもしれませんが、機会をうかがって謝ろうと思っているかもしれません。ですが、素直にできない人もいます。そこで第3者を間に入れることで、冷静な話し合いができる可能性も出てくるでしょう。
喧嘩をした後は、どのような会話をしたらいいか迷う人もいるでしょう。特に、会話は難しく考える必要はなく、今の気持ちを素直に伝えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です