恋愛するために女性と付き合っていると、たまに「嫉妬深い女の人」に当たる時があります。性格は批判的であれこれ比べたがる癖がありました。正直に言って、付き合いをしていて、厳しいな、と思った時が何回かあったです。「嫉妬」はかなりネガティブな感情で誰にも備わっている機能です。けれども恋愛になると、その激しさは増してしまうのが問題点だと思います。他人が勝っているのを認めない、自分以下であってほしい、うらやましいなどたくさんの意味が出て来るのが嫉妬の特徴です。

妬みやすい女性は多いと思います。それをストレートに出すか、上手く前向きな感情に変えて、表現を変えるか、だと感じ取れます。女性は感受性が強いので、その時に感じた不快な感情を無視出来なくなる時がありますが、それは純粋だから止められないのかな、と判断しています。恋愛になると特に妬みやすくなるポイントですが、女性の多くは恋に重点を置いているからでしょう。男性でも愛はほしいはずですが、女の人の方が愛を強く求めるのは本能的です。また、愛情の裏返しは憎しみや嫉妬ですから、紙一重だと思います。

嫉妬深い女性の性格は批判的だったり、あれこれ比べる様子がある他には、わがままだったり、支配欲が強いからとも言えます。「わがままな人は自分より下でないと嫌だ」、という考えを持っていますから、私としては困ってしまうから悩みです。本人は自覚はないのだろうけど、「無意識の内では自分以下が当然」と思っているでしょう。恋愛になると彼氏に甘えて、あれこれ要求してくるタイプの女の人は嫉妬深い可能性は高めです。

一例ですが、顔を見ても相手が妬みやすいかそうでないか、判別させられます。口元と目つきがポイントですが、口元が下向きか上向きか、平行であるか、とても重要なところです。上向きだと前向きで肯定的、好きが多い可能性はあります。平行だとバランスが取れている、冷静や偏見になりにくい性格の場合があります。しかし、注意してほしいのは「下向き」です。口元が下がっているとわがままで好き嫌いが激しい、頑固でマイナスの感情が出やすい人がけっこう多めだと感じます。付き合っていた妬みやすい女の人は口元が下がっていました。

目つきは色々ですが、上向きだったり釣り上がっていると、妬みやすい性格の場合があります。気が強い人は自分中心なところがあって、人を下に見がちなところが問題点です。推測になりますが注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です