恋愛感情というのは他人には理解されにくいもので、本人の好みが常に周囲の人に認められる、納得されるわけではありません。「どうしてあんな人と付き合っているの?」そんな疑問を友人や家族に言われたことがある人はそれなりにいますが、恋愛に関しては本人が納得している、満足していれば幸せだと言えるはずです。
そんな中で男性に比較的多い傾向として、「ワガママな彼女」好きというものがあります。苦手な人からすれば良さが分からないかもしれませんが、我儘を言うというのは甘えと同じで、自分を頼ってくれていると男性の本能が刺激されるのです。それゆえ可愛いと思えますし、恋愛モードに入っていれば許せてしまうという人は多く、本人同士が納得していれば周囲が口出しすることではありません。
ただ問題もあって、男性側としては彼女の我儘を聞き届けてあげたいが、上手くできないといった場合もあります。例えば好き嫌いが多い彼女とデートで食事に行く時に、お店選びに困って拗ねさせてしまうといった男性は多いかもしれません。ここでポイントは本当に苦手な食材や料理があるのか、単に気持ち的なものであるのかを見極めることです。そしてさりげなく彼女の意見を引き出していくと、嫌だと言われずに済むので試してください。
やり方としては「肉か魚か」「和食か洋食か」といった二択を出していくところで、女性全般の性格は多すぎる選択肢は選びきれなくなってしまうので、どちらか一方を決める質問がベターになります。彼女に選ばせることによってお店選びに文句を言われなくなり、デートを心から楽しむことができるようになるはずです。また最近はビュッフェスタイルの店も増えているので、こちらを活用することで自分の好きな料理を選べるので、相手が質問に面倒くさそうにしている時には利用すると良く、ホテルなどは高級感があるので喜ばれる可能性が高まります。
好き嫌いが多い彼女との行動は疲れるものですが、好きな人に取っては振り回される感覚も嬉しいものと言えます。こればかりは恋愛の嗜好性による違いなので、本人たちが幸せなら問題はないはずです。ただせっかくのデートで雰囲気が悪くなるのはもったいないので、お店を選ぶ際の対処方法を知っておくと役立ちます。食事をする時は選びやすい二択を出して相手に選ばせる、もしくはビュッフェスタイルにするのも有効です。デート先が決まっている時は、事前に店を調べておくとスムーズになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です