恋愛している時に喧嘩がつきもので困ってしまいます。激しい争いなら「暴言」が連発で来ますから、注意です。極限まで行くと最後は別れですから、悪口は避けたいところですがそうもいきません。コレを言われたら別れたくなる暴言をピックアップします。相手に言われるまでに至らないでください。また、絶対に相手に言わないでください。

第一位は「死ね」です。これはストレートで痛い、簡単に使えて威力がある言葉です。コレを相手から言われたら完璧に切れますが、言い方にもポイントがあります。冗談で柔らかく「死ね~!」なら分かりますが、思いっきり毒を吐くような言葉で言われたら終わりのカウントダウンが始まります。恋愛中に喧嘩したらその言葉は気をつけてください。間違いなく相手をいらない、と言っているのと同じです。敵と見なしたらそこからは喧嘩や別れが出てきます。

続いて第二位は「あの人と付き合えば良かった」です。コレもキツイですが、それは別にも好きな人がいたと言うことになります。その時点で「は?なにそれ?」です。他にも候補がいて未練あったんだ、と思うとかなりムカつきます。しかも「あの人と付き合えば良かった」を言われたら瞬間に「今のお前が嫌だ、他と付き合いたい」と言っているのと同じです。

第三位は「お前ブサイクなんだよ!」です。これは聞いた瞬間からそう思っていたんだ?とすぐに分かってしまうのがポイントになります。恋愛している時にアクシデントは覚悟していたのですが、それは完璧に言われたらキレます。恋人は怒ると本性を出して本音を言ってきますから、面白いですよ~。その時に観察日記を付けようと思いました。

3つをピックアップしましたが、他にもたくさんあります。人のコンプレックスを突き刺してくる言葉も嫌です。例えば、顔のところに一つだけニキビ跡があって、気にしている状態で「みかん」や「クレーター魔」とかふざけたセリフを決めてきた時は冷めます。他には「使えないんだよ!」や「消えろ」がありますが、どれも稚拙で困ったセリフです。

恋愛中に喧嘩はありますが、言って良いこととNGワードは区別したいと感じます。暴言は悪口ではハイレベルな威力をもちます。本人は言いたいことを言っても、聞いている本人はかなりキツイです。そこまで言われる、言う前にその場から離れて、一週間ぐらいは合わないのも一つのやり方だと思いました。喧嘩は暴言にまでつなげてしまいますから、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA